★快適★節約収入生活

快適節約収入生活ホーム>予算・貯蓄の方法

予算・貯蓄の方法
予算管理掲載一覧
節約技 おすすめ度 詳 細
家計簿の必要性 ★★★★★
袋分けしよう ★★★★★
夫のお小遣い ★★★★★
費用分けの基本 ★★★★★
子供にかかる教育費 ★★★★★
学費以外の費用 ★★★★★
児童手当を貰おう ★★★★★
カード使いに注意 ★★★★☆
子供の仕送り ★★★★☆
老後の資金 ★★★★☆
ローンの返済方法 ★★★★★
学費援助の注意 ★★★★★
カードの落とし穴 ★★★★☆
不要カードは解約 ★★★★★
貯蓄・銀行掲載一覧
ネット銀行で節約 ★★★★★
貯蓄がなぜ必要か ★★★★★
貯蓄分は口座を分けて ★★★★☆
年間20〜30万は貯蓄 ★★★★☆
社内預金・財形貯蓄 ★★★★☆
自動引き落としはまとめて ★★★★☆
時間外の引き出し1 ★★★★★
時間外の引き出し2 ★★★★★
貯蓄計画 ★★★★★
レジャー・外食を減らそう ★★★★★
先取り貯金 ★★★★★
低めの月収で生活 ★★★★☆
振込み手数料の節約 ★★★★★

  予算管理編

家計簿の必要性
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 普 通
節約効果  
「家計簿ってつけるのメンドクサイ」「長続きしない」という方多いはずです。実際私も面倒でつけてはいませんでした。
 それでは、家計簿はなぜつけるのでしょうか?それは、、毎月集計し「予算の管理」食費や光熱費などにいくら使っているのか?と支出を管理するために家計簿が必要なのです。
 家計簿をつけているだけで、「あっこれは無駄遣いだった」や「これは、どうしても必要だから仕方がない」と分かるのです、分かれば次から無駄遣いの部分をなくそうと努力できるのです。
 一人暮らしのサラリーマンなどを例にすると財布に適当な額を入れて、ほしい時なんとなく買っていつの間にか、財布の中身がなくなり、おかしいな?入れていたはずなのに?ってことがよくあります。これでは、何にお金を使ってなくなったのか分かりません。
 というわけで、節約を始めるなら、まずは家計簿からうまく利用すると楽しく節約できるはず、さあ、頑張ってつけましょう〜(^0^)/
UP
袋分けをしよう
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 簡 単
節約効果  
 月々の始めに、必要なお金を「食費」「日用品費」など費用ごとに袋分けにする。たったこれだけで節約に大きな効果があります。
 実際やってみると分かるのですが、袋の中に残っているお金が一目瞭然ですので使いすぎの防止になります。ぜひ、やってみてください。
※せっかく袋分けしたのですから「お金が足りないということにならないように注意しましょう」もし、私のように管理の苦手な人であれば、もっと細かい予算管理を、例えば、1週間・10日ごとに予算を袋分けするなどするとムダ使いの節約になります。
UP
夫のお小遣い
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 普 通
節約効果  
 夫のお小遣いは、月々まとめて渡していませんか?渡してしまうとすぐに使ってしまいます。

 そこで、月々いくらというのは、大抵家庭で決められていると思いますのでその予算を『封筒などに入れておきます』そして一括で渡すのではなく、日払い(少し難しい)もしくは一週間分ごとに渡すようにしましょう。
 これで残りの金額が把握できるようになり、節約にもつながりますよ。
UP
費用分けの基本
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 普 通
節約効果  
 家計を考える上で、様々な月々の支出がありますが、いったいどれくらいが無理なく生活できるの?という疑問を持っていませんか?ここでは、月々の収入の中に占める様々な費用の基本割合を掲載しています。あくまで無理なく節約できる基本的な割合です!
費 用 項 目 収入に占める割合
住  費 20〜30%程度 50,000
食  費 15〜20%程度 37,500
教 育 費 10〜25% 25,000
光熱費・通信費 8〜10%以内 20,000
保  険 8〜10%以内 20,000
こづかい 8〜10%以内 20,000
日用品費 5%程度 12,500
レジャー費 5%以内 12,500
貯  蓄 5%〜 残り52,500(貯蓄へ)
   ※ここでは、月収25万円の人を元に例として計算(最低割合)しています。
UP
子供にかかる教育費
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 難しい
節約効果  
 マイホームの為に、やりくりや貯蓄する人が多いいと思います。住宅は一生の中で高い買い物ですが、家計や貯蓄の状態で延期はできますが、教育費は決まった時期にきます。授業料が払えなくなったり、子供に大学をあきらめさせるのはつらいことなのできちんと貯めておきましょう。
 よく子供一人1000万円と言われてもピンとこないですよね?トータルではなく、小・中学校・公立・私立のデーターが出ているので、進路別にチェックしてみましょう。

公立の場合
公立教育費 その他費用
(お小遣い等)
合 計
幼稚園・保育園(2年間) 300,000円 140,000円 440,000円
小学校(6年) 450,000円 1,170,000円 1,620,000円
中学校(3年) 350,000円 800,000円 1,150,000円
高校(3年) 760,000円 600,000円 1,360,000円
国立大学(4年) 2,260,000円 3,130,000円 5,390,000円
合 計 4,120,000円 5,840,000円 9,960,000円

私立の場合
私立教育費 その他費用
(お小遣い等)
合 計
幼稚園・保育園(2年間) 670,000円 140,000円 810,000円
小学校(6年) 3,990,000円 1,170,000円 5,160,000円
中学校(3年) 2,320,000円 800,000円 3,120,000円
高校(3年) 2,430,000円 600,000円 3,030,000円
私立大学・文系(4年) 3,770,000円 3,140,000円 6,910,000円
私立大学・理系(4年) 4,985,000円 3,140,000円 8,120,000円
合 計 18,165,000円 8,990,000円 27,150,000円

UP
学費以外の費用
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 難しい
節約効果  
 幼稚園・小学校になれば、習い事かけもちするのは今は当たり前。小さい時は出費は少ないけれど、大きくなると金額が高くなります。ある程度上達して辞めさせるのも悪いものです。入会金・月謝以外に、入ってみないと分からない出費があるかもしれないので注意が必要です。主な習い事の例です!

●水 泳・・・入会金5,000〜10,000円 月謝6,000〜8,000円  週1回1時間
 小学校にあがれば、ほとんどの子供がある程度泳げるようになっています。体力作りに習わせる人もたくさんいます。3歳ごろまではお母さんと一緒に水遊び・水慣れさせる人もいます。水着・水泳帽・バッグ などそのスクール用のものしかダメな所があります。水着などすぐ大きくなる子供は出費が多くかかる事 を忘れずに!!
●英会話(幼児の場合)・・・入会金5,000〜10,000円 月謝5,000〜10,000円  週1回1時間
 今、早くから英会話習う子供が多くいます。私たちの時は中学からしか英語を習わなかったのに、今は幼 児から遊び感覚でしているところがあります。
●音楽教室・・・月謝6,000円程度  週1回1時間
 子供向けのグループレッスンは2歳からでき、お母さんと一緒に踊ったり、走りまわったり。タンバリンなども使って音楽を楽しめます。学年があがるとピアンなどの楽器がメインです。
個人講師のピアノレッスンは、45分で7,000〜10,000円くらいかかります。どちらも発表会があるので、 衣装代・会場代などもかかります。
UP
児童手当を貰おう
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 簡 単
節約効果  
 子供がおられる方はご存知だと思いますが、児童手当は子供が小学3年生までもらえるもので、1人目・2人目は月5,000円、3人目は月10,000円支給されます。児童手当がもらえるかどうかは、夫婦どちらか収入が多い方の所得(年収から経費などを引いたもの)を基準にします。
 扶養家族の人数によって、基準額が変わります。児童手当は、毎年審査があるので去年が駄目でも年収や扶養家族に変更があれば、今年はもらえる可能性がありますよ。毎年、給料明細を確認して見て下さいね。
 《児童手当をもらえる人の限度額》
扶養家族の人数 国民年金加入者
年金未加入者
厚生年金加入者
0人の場合 301万円 460万円
1人の場合 339万円 498万円
2人の場合 377万円 536万円
3人の場合 415万円 574万円
4人の場合 461万円 612万円

UP
カード使いに注意
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度 普 通
節約効果  
 スーパー系のカードを持っている人はたくさんいると思いますが、便利なのですが日々クレジットカードを使うのはあまりよくありません。どうしてかと言うとカードを使った時期と請求書が届く時期がズレるので、家計の管理が難しくなると言うことです。翌月の予算に金額があわず赤字になる事が多いいのです。
 また、割引やポイントなどに目がくらんで、必要のないものまで買ってしまいます。せっかく割引分を貯めていくのならいいのですが、使ってしまうと意味がありませんね。なるべくカードは、しっかりと貯金ができている人が家電など大きな買い物するときなど計画的に使いましょう。
UP
子供の仕送り
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度 難しい
節約効果  
 子供がどこの大学に行くかで、かなり金額が変わってきます。自宅から通学できるのならいいのですが、県外などの場合は家賃代など地域によって違いますが、10万円ぐらい仕送りが必要です。また、学科で設備費や実習費・実技に使う材料などいろいろ以外な出費がかさなります。家賃が高いからと言って不便な所に引っ越すと、バイトがなかなか見つからず自分で稼ぐこともできません。家探しも下見などして生活しやすい所を探しましょう。
UP
老後の資金
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度 難しい
節約効果  
 老後の事を考えてお金を貯めているひともいると思いますが、老後の為の貯金を考えておきましょう。
現在20代〜30代の方は、年金がもらえるのは65歳からです。60歳で定年すると5年間収入がなく、貯金がないと生活ができません。この5年分でも貯めておくと安心して暮らせますが、夫婦二人だと月約25万円ぐらいで、5年間1500万円必要です。もし病気や老後の旅行などにお金がかかる事を考えて倍ぐらいの貯金を目標にして下さい。
 定年までに、教育ローン・住宅ローンなどを終わらせるといいですね。無理せずに返していきましょう。
UP
ローンの返済方法
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 難しい
節約効果  
 ローンを複数から組んでいる時の返済方法は、どこを優先で返していくかによってかなりの節約になります。

 例えば、一般的な例えで言いますと、住宅ローンと車のローンを二つ抱えているなら金利の高い車のローンを先に返済すべきです!

 しかし、単純に金利の高いローンを返済するという考えではなく、ローンの残高の多い所、返済期間の長いところなどそのパターンによって繰り上げ返済する順番を検討した方が得する場合が多々あります。
 残高が多い・金利が高いなどを考慮した上で、どのローンをどのように返していくのか一度は見直した方が家計への負担を減らせることは間違いないです。
UP
学費援助の注意
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 簡 単
節約効果  
 祖父母の方は孫がかわいくていろいろ買ってしまいますが、学校に行きだすと学校に必要な物を援助すると贈与税が必要になってきます。
 子供が扶養に入っている親はいいのですが、扶養に入っていない祖父母から学費援助は贈与とみなされて金額によって税金がかかるります。年に110万円以内に抑えて下さい。超えると贈与税がかかります。しかし毎年110万円以内でも「定額贈与」とみなされて税金がかかる事もあるので気を付けて下さい。
 
UP
カードの落し穴
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度 簡 単
節約効果  
 皆さんはクレジットカードの残高を知っていますか?分からない人は今すぐ確認しましょう。クレジットは借金なので残高を把握して、返済できる範囲で使う事が大切です!カードを使う時はどのように返済するか必ず考えます。月々の金額、ボーナスの金額はいくら返せるか具体的な計画を立てましょう。
 あと最近リボ払いを利用している人が多くなっていますが、大きな落とし穴があります。始めにリボ払いとは、月々の返済金額を一定にする方法です。返済管理がしやすい、返済が楽などで利用者が増えていますが、借りた分が増えれば増えるほど金利が増えるので借りた分の金額が減りが遅く、完済まで期間が長くなります。金利で借りたお金より増える事が多いのが現実です。借金している感覚がなくなったりするので気を付けて下さい。 
UP
不要カードは解約
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 簡 単
節約効果  
 クレジットカードをたくさん持っている人は、整理して日常使用するカードだけにしましょう。使わないカードは解約します。ポイントがたくさんついているカードを解約するのももったいないので2枚ぐらいきっちり管理しながら使います。
 解約した方がいいカードは、友達・親戚の人から頼まれてカードを作って使わなくなった義理カードは解約します。自分がほしいカードではないので無駄なカードですね。あとはタンスなどの奥に眠っているカードです。完全に使わないカードですね!忘れているカードも年会費などもかかっているのですぐにでも解約したいものです。
UP


  貯蓄・銀行編

ネット銀行で節約
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 簡 単
節約効果 高金利・低手料などのサービスを上手に利用すると年間3000円以上の節約になります。
 ネット銀行とは、何と思われた方もいるかもしれませんが、インターネット上の銀行のことです。
 ネット銀行の特徴は、店舗や支店を持たないインターネット上の銀行の為、他の銀行と違い必要経費が削減出来ますので、通常銀行に比べて高金利、振込手数料が安いなどの利点があります。

■ネット銀行と普通銀行との金利比較
  普通預金 定期預金
1年 3年
普通の銀行 0.002%前後 0.03%前後 0.07%前後
ネット銀行 0.05%前後 0.3%前後 0.5%前後
上記を見て分かるように凄い金利の差ですよね!!
■100万円を一年間定期預金した場合
ネット銀行(年利 0.3%):1,000,000× 0.3%=3,000円
普通の銀行(年利0.03%):1,000,000×0.03%= 300円
その差額は、たった一年での定期預金で2,700円にもなります!!

※掲載内容は、2005年1月時点での数字です。

UP
貯蓄がなぜ必要か
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度  
節約効果  
 なぜ貯蓄が必要なのか?いざという時(大きなお金がいる時)、お金がないでは済まされない時があります。その時、貯蓄があればなんとかなることもあります。なければ借金をしなければならないということにもなりかねません。
貯蓄できる時にしておけば、いざという時に役に立ちます。病気・事故などなにが起こるか分からないので貯めれる時に貯めていて損はないです。
 こんなことは、言われなくも分かっていると言われそうですけど、本当に大切なことです。
UP
貯蓄分は口座を分けて
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度  
節約効果  
 口座は、給料の振り込まれる口座・光熱費などが振り落とされる口座・貯蓄分などに分けて管理しましょう。
分けることにより、ついつい使ってしまい足りないなどのミスがなくなります。
 毎月、振り落とされる金額(家賃、光熱費、新聞、電話)など必要な分だけいれ、後は貯蓄とお小遣いなどに月初めに分けるようにしましょう。
 余れば、残りは貯蓄へ!!
UP
年間20〜30万は貯蓄
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度  
節約効果  
 年間貯蓄は、簡単です。1万〜2万を月々貯蓄していけば簡単に貯まります。
 
 月 1万 × 12ヶ月 = 12 万  これにボーナスを
 月 2万 × 12ヶ月 = 24 万  10万×2回(夏、冬)= 20万

 合計すると月一万の場合でも32万・月2万でも44万にもなるのです。
 月 1〜2万ならそんなに無理しなくても大丈夫だと思いますのでゆっくり貯めて行きましょう。貯めれば貯める程通帳を見るのが楽しくなりますよ〜(^q^)
UP
社内預金・財形貯蓄
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度  
節約効果  
 サラリーマンの家庭の場合、おすすめなのが多くの会社でおこなっている財形貯蓄です。
給与からの天引きで銀行などの金融機関に預け、目的に応じて一般・住宅・年金のような三種類があります。
普通預金に比べ金利も高い場合もあり、しかも給与天引きであまり苦になりません。
 必要な時は、解約・引き出すことも出来るので安心です。
サラリーマンの奥さん、ご本人一度会社にそういった貯蓄方法がないか確認してみては!
UP
自動引き落としはまとめて
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度  
節約効果  
 ほとんどの家庭は、公共料金など自動引き落としを利用している事でしょう。もし、たくさんの銀行口座をもっているなら一つにまとめておきます。自動引き落としや給料の振込みにもポイントがつきます。今の時代は超低金利ですから、手数料で出ていくお金を減らしましょう。大金を貯めるのもいいですが、コツコツ貯めるのも見逃せないメリットです!外出先でお金が足らなくなって、デパートやシティーバンク共同の所でお金をおろすと手数料の割増料金が取られるので気を付けたいですね。
UP
時間外の引き出し1
おすすめ度 ★★★★★ 難易度  
節約効果  
 これは、引き出しする上での基本です。まずどの銀行でも平日の18時以降、土曜日14時以降などに現金を引き出すときに手数料が105円から210円とられます。これは、絶対にもったいないです!!利息がほとんどない銀行に寄付しているようなものです。
 サラリーマンなどでおろせない方は、出来る限り昼休みに。
お金は、何時いるかわかりません。最低限のお金を家に置いておくと夜に引き出さなくてよくなります。
UP
時間外の引き出し2
おすすめ度 ★★★★★ 難易度  
節約効果  
 上記手数料がなんとなくなる方法があります!!

 給与振込や公共料金引き落としなどの一定条件を満たす人であれば銀行で申し込みを行えば無料になるのです。一定条件について、銀行で一度お聞きになってはいかがでしょうか。
UP
貯蓄計画
おすすめ度 ★★★★★ 難易度  
節約効果  
 これまで子供の教育費などお金がかかる事は言ってきましたが、どうんな風に貯めたらいいのかここで紹介します。
 0歳から月1万ずつ貯めていけば高校卒業までに200万以上貯まります。コツコツ貯めていけば、まとまった貯金も夢ではありません!
 一番貯め時は、小学校卒業するまでです。小学校は公立なら制服代・交通費がかからないし、お小遣いや習い事もあまりお金がかかりません。6年間の貯める目標は300万円です。中学校以降は、塾などにお金がいるので貯めにくくなりますので小学校6年間頑張りましょう!
 子供が大学だけ私立になった場合は、進学時点で4年間に400万円必要になります。しかし、中学・高校になると教育費・部活・小遣いなど出費がかさなりますので、油断は禁物です。
UP
レジャー・外食を減らそう
おすすめ度 ★★★★★ 難易度  
節約効果  
 貯金が貯まらない!という人は、けっこうレジャー代・外食を多く使っていることが分かりました。その家庭で価値観や暮らしぶりでいちがいに言えませんが・・・・毎週外食やレジャー代など減らして見ましょう。お金を出せば楽しいのは当たり前です。お金をかけずに楽しく遊べる工夫をしましょう。急には難しい人は、レジャー費は、金券ショップやクーポンなどで少しでも安く過ごしたり、近くの公園にお弁当もってピクニックなどもいいですね。外食はけっこうお金がかかりますが、その外食の半分ぐらいの材料を買って豪華な料理にするのもいいですね。もう一度レジャー代・外食を見直しましょう。
UP
先取り貯金
おすすめ度 ★★★★★ 難易度  
節約効果  
 毎月の給料が残ったお金を貯金すると考えている人はいませんか?実際貯まっていますか?多分あまり貯まっていないと思いますが・・・後とり貯金ではなく、先取り貯金をして見ませんか?会社で財形貯蓄や銀行の積立定期・郵便局のオート定期を利用してもいいです。給料日に支出を計算してその差額を先に貯金しておくと、使いすぎはなくなります。手元にあるお金で頑張って見ましょう。厳しい人は、1万ぐらい予備で残しておいてあまった分は貯金という形から始めて見ましょう。
UP
低めの月収で生活
おすすめ度 ★★★★☆ 難易度  
節約効果  
  高収入もらっている家庭は、月々低く設定してやりくりをする事をおすすめします。そうすると高額な貯金ができます。ゆとりがあると思って贅沢になってしまうのが人間です。月35万もらっているとすると、25万ぐらいに設定して暮らしてみましょう。10万円はないものと考えて通帳に貯金します。始めはつらいかもしれませんが頑張ってみてください。
UP
振込み手数料の節約
おすすめ度 ★★★★★ 難易度 簡単
節約効果 毎月一回程度振込みを行う場合年間約2000円程度節約
 銀行振り込みをする際の手数料ってもったいないですよね。
そこで少しでも振込み手数料を減らす方法を紹介します、それは、窓口で振り込むのではなくATMから振り込むという簡単な方法です。


銀行振り込みをATMで行うと振り込む金額にもよりますが、窓口より315円程度安くなります!!315円節約は、かなり大きいですよね!!ぜひ窓口を使っている方は窓口を利用しましょう。
UP

貯蓄の基本

確実に貯蓄を増やす知識

旧貯蓄の基本

預金・貯蓄の方法

快適節約収入生活ホーム>予算・貯蓄の方法
★快適★節約収入生活は、リンクフリーです。
Copyright(c)2012 ★快適★節約収入生活 All Rights Reserved
[PR]攻略DBゲーム攻略データベース