死亡保険の種類と選び方について掲載

快適節約収入生活家計と貯蓄の目安>死亡保険の種類と選び方

世の中にはいろんな保険があります。その中でも今回は死亡保険に焦点を当てて考えていきたいと思います。

自分が死亡した時に支払われる保険ですから、自分のためにかける保険ではないですよね。では一体何のためにかける保険でしょう?
基本的には残された家族のためというケースがほとんどと思います。では、どのように死亡保険を選ぶべきなのでしょうか?
基本的には万が一のときに残された家族が生活に困らないような保険に入るべきでしょうが、当然それは個々の家庭によって変わってきますよね?
ですので、家庭の保有資産ごとにどのような保険に入るべきかを考えていきたいと思います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 資産をたくさん保有しているご家庭では、相続税対策にも使える!

平成27年から相続税が改正されました。これまでは5000万円+被相続人の人数×1000万円まで相続税はかかりませんでした。
しかし、平成27年からは3000万円+被相続人の人数×600万円に非課税の範囲が減額されました。

資産をたくさん保有しているご家庭では、この相続税の対策として死亡保険を上手に使うことをお勧めします。
というのも、死亡保険については上記の他に法定相続人の人数×500万円の非課税枠が発生します。
ですので、相続税がかからない、あるいは軽減されるような保険の入り方をする必要があります。

さらに相続争いを避ける意味でも、保険の受取は一人にまとめるのではなく、相続人全員を受取人として分けて加入しておく方がよろしいかと思います。

STEP2 相続税は関係ないご家庭でも、死亡保険は重要!

相続税とは関係のないご家庭もたくさん存在すると思います。(むしろ相続税が関係のないご家庭の方が多いでしょうね。)

しかし、相続税が関係ないと言っても、死亡保険が必要ないということにはなりません。
むしろ、残された家族が生活していく上では、相続税がかかるご家庭以上に重要と言えるかもしれません。
相続税がかかるご家庭は仮に税金を取られたとしても、保有資産もたくさんありますから、すぐに生活に困窮する可能性は低いでしょう。

しかし、保有資産が少ないご家庭では、たとえば収入を得ていた家族が死亡してしまった場合、遺族年金等が支給される可能性はありますが、それだけで生活できるかと言えば疑問が残ります。
万が一の話はしたくない気持ちもわかれいますが、そもそも保険というのは万が一に備えるためのものです。

また、保険の受取人については保有資産が多い方同様、保険の受取を一人にまとめるのではなく、相続人全員を受取人として分けて加入することも検討された方がいいと思います。
「相続税」対策は、保有資産が多いご家庭のお話ですが、「相続」対策はどこの家庭にも存在するものです。
後々のトラブルを避ける上でも、他の保険とは違い死亡保険の入り方には注意が必要だと思います。

スポンサードリンク

快適節約収入生活家計と貯蓄の目安>死亡保険の種類と選び方

↑ PAGE TOP