将来いくらの年金がもらえるのかについて掲載

快適節約収入生活家計と貯蓄の目安>いくら年金がもらえるの?

老齢基礎年金は原則65歳からもらえるようになります。
そのもらえる金額は、納めた保険料の期間によって変わってきます。
基本的には20歳から60歳まで40年間(480月)保険料を納めるのが原則ですが、免除制度などの利用や未納があると変わってきます。
40年間未納も免除もなく保険料を納めていたのであれば現状では年間80万円弱(月額で70000円弱)になります。
ただし、現行法では原則として保険料を納めた期間(厚生年金などの期間も含む)や免除期間などを合わせて25年(300月)以上ないと老齢基礎年金は1円も支給されません
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 年金受給金額の計算方法~老齢厚生年金編

会社員の方がもらうことになる老齢厚生年金はどのように計算するのでしょうか?

こちらも保険料の納付額や期間によって変わってきます。

国民年金の保険料は免除等を除けば全員定額ですが、厚生年金についてはもらっているお給料によって異なります。
単純にお給料が増えれば保険料も上がり、将来もらえる年金額も増えるという計算になります。

また、老齢基礎年金の受給要件である保険隆納付期間と免除期間等を合わせた期間が25年以上という要件を満たしていれば、厚生年金は加入していた月がたとえ1ヶ月でももらえます(ただし、1カ月程度であればすごく少額でしょうが)。

計算方法は、現在はもらっているお給料に基づいて決められた等級というものがあり「その等級に該当する金額の平均(標準報酬といいます)」×「1000分の5.481」×納めた月数で計算されます。
(平成15年度より前の期間か後の期間かで計算式が変わってきますので、詳しくは年金事務所等でご確認ください。

STEP2 年金だけで将来生活できるの?

基本的に、年金で生活できるかという面については各家庭別に考えることになりますので、年金だけで大丈夫な家庭もあれば年金だけでは不十分な家庭もあると思います。
たとえば夫婦そろって学校を出てからずっと厚生年金に加入してきたのであれば、二人の老齢基礎年金・老齢厚生年金を合わせればまとまった金額になると思います。

老齢基礎年金だけで約80万円×2人の160万円ですので、そこにさらに2人分の老齢厚生年金が加算されれば、なかなかの金額になるのではないでしょうか?
勿論それでも、まだ子供にお金がかかる時期だったり、ローンが残っていたりすれば不十分ということも考えられますが、子供も独立していて持ち家でローンも完済済みであれば通常の生活はできる水準かと思います。
自分が将来どれくらい年金をもらえるかを事前に知っておくと不安を解消したり準備をしたりできると思いますので、ねんきんネットや年金相談で将来もらえる年金額を事前に調べて、将来に備えてみてはいかがでしょうか?

STEP3 年金をもらう資格など年金に関する疑問

60歳に近づいてくると、このように確認をしたくなります。
年金記録不備問題が発生してから、記録もきちんと整備され今では日本年金機構 年金ネットに登録すると確認したい事項がインターネットで随時確認することができます。
また記録不備になっていないかなども確認でき非常に便利なものとなっています。
まずこの年金ネットに登録し疑問となっている点をまず確認していきました。
私は厚生年金、一時期国民年金に加入しておりました。
これでわかったことは、まず記録不備はまったくなくなんの問題もありませんでした。

しかしこれからが確認していくうちに年金の仕組みが大きく変わってきていることがわかりました。
厚生年金の支給開始時期年齢と支給内容です。
①昭和28年4月2日生まれの人以降随時支給時期内容が随時変わっていること。
②支給内容が特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分と定額部分と構成され)昭和28年4月2日生まれ以降から定額部分の支給がなくなり支給年齢が61歳からになったこと。昭和36年4月2日以降生まれの人は特別支給の老齢厚生年金がなくなりすべて(③)の支給となる
③65歳から老齢基礎年金、老齢厚生年金となり完全な支給内容となる

これから内容が把握した段階で、60歳までの勤務状態(厚生年金喪失時期)収入予想。
61歳からの勤務予想厚生年金喪失時期)収入予想を入力、支給年齢を設定することによりシミュレーションされ支給額の確認がそれぞれのケースにより算出され、年間支給額&月々の支給額の確認ができました。
これにより私の支給時期にあわせて定年退職の時期に設定からシミュレーションが可能になりました。

次に問題なのが、失業保険です。
定年は社内規定で60歳、それ以降は雇用延長で給与カットこれを踏まえて退職をいつにするのかの判断となりました。
65歳まで給与カットされ働けば別に問題ないのですが、体力、気力ともに欠如されている私にとって一番良い時期の選択でした。
61歳以降の退職は希望退職扱いとなり非常に不利な状況となります。
考えたのは、失業保険の支給内容ですが、保険料の長期納付であれば支給日数150日分、支給開始日退職後4ヶ月後からとなりますが、体力的限界の問題であれば、医師の診断書なしでその場での申告のみで次月からの支給となります。
これにより年金支給月の6ヶ月前に退職、失業保険給付申請、そして6ヶ月後から特別支給の老齢構厚生年金の支給と支給額は低いですが、無収入状態を切り抜けて日々をすごすことが可能となりました。

(注意点として)
この年金ネットで確認できないのが、配偶者加給です。これは妻が65歳になるまで支給されるものです。
65歳から支給される65歳から老齢基礎年金、老齢厚生年金に加給されるものです。
支給対象年齢に近づいて正確な金額の確定を行うために、年金ネットの確認だけでなく社会保険事務所で一度シミュレーションおよび最終確認を行えばなお確実なものとなります。

スポンサードリンク

快適節約収入生活家計と貯蓄の目安>いくら年金がもらえるの?

↑ PAGE TOP