女性の保険の種類と選び方について掲載

快適節約収入生活家計と貯蓄の目安>女性の保険の種類と選び方

女性の保険は一般的な医療保険の対象内容に加えて、女性特有の病気の場合に給付金が上乗せされ保証が手厚くなる保険をいいます。

その種類は大きく2種類あり1つは「女性向け医療保険」もう1つが「女性向けガン保険」です。

女性向け医療保険では通常と同じ補償内容に加え女性特有の病気の際に保障が手厚くなります。
女性向けガン保険ではガンの中でも子宮ガンや乳ガン・卵巣ガンなど女性に多いガンの保障を手厚くした保険です。

保険を選ぶ際にはまず通常の保険にするか女性向けの保険にするかを検討しましょう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 女性の保険の大きな特徴

通常の医療保険でも女性特有の病気の際には保障対象となりますが、女性の保険の大きな特徴は女性特有の病気の際の保障が手厚いことです。
女性の保険では病気だけでなく妊娠時の帝王切開や切迫流産、子宮外妊娠も対象となる場合があります。

対象内容は保険会社によっても大きく違うため加入の際には十分な内容確認が必要ですが、今後妊娠を控えている方には特にお勧めです。

さらに女性特有のガンに保障が手厚くなる女性のガン保険では、その対象内容となる乳ガンや子宮ガンは30代後半から40代での発症が1番多いとされています。
近年は20代での乳ガン患者も増加傾向にあるといわれていますので早めの女性のガン保険加入がおすすめされます。

しかし保証が大きく安心感が増すぶん一般の保険より月々の保険料は少し割高となる傾向もあり、全てにおいて女性の保険のほうが優れているとも言い切れません。

STEP2 女性向け保険に加入する際の注意点

女性の保険を選ぶ際も、通常の保険を選ぶ時と同じように月額保険料や日額入院給付金・入院給付の限度日数・手術の際の手当金や特約・通院保障の有無などをしっかり確認しましょう。

通院の保障は比較的見落としがちな項目ですが、近年医療の進歩によって入院日数は短くなりつつありますので検討の対象といえます。
また年齢によって支払う保険料が変わってくることや病気になってからでは加入することが不可能な保険も多くありますので、保険の加入や切り替えを考えている方は早めの行動が大切です。

スポンサードリンク

快適節約収入生活家計と貯蓄の目安>女性の保険の種類と選び方

↑ PAGE TOP