家計における貯蓄目標金額について掲載

快適節約収入生活家計と貯蓄の目安>年間の貯蓄目標金額の目安

毎月無理のない範囲で貯蓄していくことがとても大切で無理のない範囲でないとせっかくの充実と安心のための貯蓄が苦痛でしかなくなります。
理想の貯蓄金額の目安としては、家計における手取り月収のうちの何割かを貯蓄するという方法が無理がなく長期間継続することができます。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 貯蓄金額の目標額

一般的に月々の貯蓄金額の目標は、サラリーマンの場合は最低でも手取り月収の1割を目安として貯めておくようにしましょう。
また、自営業の家庭では安定感にもよりますがサラリーマンより多めに貯蓄しておいたほうが安心できます、目安としては月収の2割を貯蓄目標として貯蓄しておいたほうが良い。
またボーナスの貰えるサラリーマンの家庭においては年間のボーナスの2割程度は貯蓄にまわして備えておいたほうがいいです。

STEP2 貯蓄目標額概算

例:月収30万円ボーナス年間100万円のサラリーマン家庭の場合
 30万×0.1×12ヶ月=36万円
 100万×0.2=20万円
 ◆年間目標金額:56万円

例:月収40万円の自営業家庭の場合
 40万×0.2×12ヶ月=96万円
 ◆年間目標金額:96万円

最低でもサラリーマン家庭である場合は、貯蓄として年間56万円を目標に貯蓄するほうが良い。
ただしこれは最低金額ですので家庭の状況やライフプランによっては教育資金・マイホーム購入資金などの差があります。

STEP3 現在の貯蓄力の把握をする

貯蓄はほとんどの方がもしものときに備えてしているとおもいますが、現在の貯蓄力・貯蓄額について一度認識したほうが家計の見直しに参考になります。

■現在の貯蓄力の把握方法
1.現在の家庭のすべての通帳の残高を確認
2.1~3年くらい前までの同じ日の残高を確認
3.過去1~3年の残高と現在の残高の差を出す
4.現在の家計の貯蓄力が1年単位でどれくらい変動しているのかが把握することができます
過去の同じ日と比べることで現在の貯蓄力が過去とどれくらい増減があるのかを把握できます。
もし3年前より現在のほうが貯蓄力が低下している場合には考えられる要員を見つめ直してしっかりチェック・把握すると家計管理がスムーズに行えます。

スポンサードリンク

快適節約収入生活家計と貯蓄の目安>年間の貯蓄目標金額の目安

↑ PAGE TOP