納豆の賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>納豆の賞味期限(傷み具合)
納豆は、多少賞味期限を過ぎても食べることができる食材ですが、菌が醗酵を進めて本来の風味を失いアンモニア臭が強くなったりして美味しくなくなってしまいます。
また、注意してもらいたいのが醗酵食品であっても腐るという点です。
保存状態や保存期間によっては納豆が腐って食中毒になることもありますので注意してください

納豆の保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 納豆の保存期間(消費期限)

納豆は、賞味期限を多少過ぎても食べることができるのですが、見た目や匂い・食感にも変化がでてきますので時間が経てば経つほど本来の旨みを失います。
ここでは、納豆の目安となる保存期間を紹介していますので参考にしてください。

【納豆の冷蔵保存期間】1週間程度
・購入時の状態により大きく差がありますが、できる限り早めに冷蔵庫に入れて菌の発生を防いだほうが良いでしょう。

【納豆の冷凍保存期間)】1~2ヶ月程度
・基本的には冷凍というイメージがない納豆ですが、実は冷凍保存で長期間保存することも可能です。

STEP2 納豆の傷み具合の判断

納豆を食べれる状態と腐り食べないほうが良い状態は下記のような症状が見られることがあります。

■食べられる状態
※明らかに酷い匂いや食感があるときは食べないでください。
①若干匂いに変化がある
②食感にシャリシャリした感じがある
③白い結晶が豆についている

■食べられない状態
①混ぜたときに糸引かない
②豆が黒ずんでいる
③明らかに強い異臭がする

あわせて読みたい関連テーマ

納豆の保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>納豆の賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP