こんにゃく賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>こんにゃく賞味期限(傷み具合)
こんにゃくの保存は、開封状態によって変わってきます、未開封であれば半年程度の冷蔵保存が可能です。

開封後、水を入れた別容器にこんにゃくを入れて冷蔵でも、1~2週間以内に使い切る事でしょう。
それよりも保存期間を延長したいと思えば、こまめに容器内の水の入れ替えをすることと、調理して味付けをして保存する事です。


こんにゃく保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 こんにゃくの保存期間(消費期限)

こんにゃくは、基本的に開封していなければ数ヶ月単位での保存が可能な食品です。
ここでは、こんにゃくの目安となる保存期間を紹介していますので参考にしてください。

【未開封こんにゃくの冷蔵保存期間】半年程度
・未開封であれば長期間保存の可能な食材ですので安心してください。

【開封後こんにゃくの冷蔵保存期間)】1~2週間程度
・開封後にタッパー等水を入れてこんにゃくをしっかりつけた状態で冷蔵保存した場合(水をこまめに入れ替えてあげることで劣化を抑えることができる)

STEP2 こんにゃくの傷み具合の判断

こんにゃくは、スーパー等で真空パック状態で売られているのでそのまま冷蔵保存しておけば長期間保存ができます。
しかし一度開封してしまうと話は別ですので注意してください
こんにゃくが腐り食べないほうが良い状態は下記のような症状が見られることがあります。

■食べられない状態
①異臭がする
②乾燥して水分が抜け硬くなっている
③ヌメヌメ・ドロドロしている
④一部が溶けて柔くなっている

あわせて読みたい関連テーマ

こんにゃくの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>こんにゃく賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP