キムチ賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>キムチ賞味期限(傷み具合)
キムチは、発酵が進み酸っぱくなってもキムチは食べ続けられます。 本場の韓国は一年に数回漬けたものを保存して、数か月にわたり食べ続けますので、キムチの保存期間は数か月と見てよいでしょう。
丁寧にかきまぜながら、食べる分だけを小皿に取り、雑菌を入れないように注意すればかなり保存期間は延ばすことができます。

キムチ保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 キムチの保存期間(消費期限)

キムチは、基本的に発酵食品ですので韓国では保存食としても有名ですし多少の酸味が気にならないのであれば特に消費期限は長い食品と言えます。
ここでは、キムチの目安となる保存期間を紹介していますので参考にしてください。

【キムチの冷蔵保存期間】2週間程度
・密閉できるタッパー等に入れて冷蔵庫のチルド室(0℃前後)にて冷蔵保存すると酸味の増加を極力防ぐことができます。(酸味が気にならないのであればさらに長期間保存しても構いません)

【キムチの冷凍保存期間)】1~2ヶ月程度
・フリーザーバック等に入れて冷凍保存した場合

STEP2 キムチの傷み具合の判断

キムチは、長期期間保存しておくと発酵が進み酸っぱくなります。 酸味の苦手な人は、キムチ自体を調味料として料理に応用もできます。

有名なのがキムチチゲです。
鍋底でごま油で軽くキムチを炒め、その後にトリガラスープと野菜や豚肉、鶏肉などを入れて鍋にすると本格的な韓国チゲができます。
その他にもブタキムチやキムチチャーハンなどバリエーションは無限にあると言ってもよいでしょう。

キムチが腐り食べないほうが良い状態は下記のような症状が見られることがあります。

■食べられない状態
①異臭(アルコール臭)がしている
②カビが生えている

あわせて読みたい関連テーマ

キムチの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>キムチ賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP