おから賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>おから賞味期限(傷み具合)
おからは、安価で販売されているので家計に優しい食材ですが、種類によって大幅に消費期限に違いがあります。
おからの種類は、生おから、乾燥おから、粉おからの3種類が有名で特に生おからの劣化は、早く夏場であれば当日で食べきる必要があります。

大量に買いすぎて使いきれないといった場合も多々ありますのでどのような状態・種類であれば食べることができるのか紹介しておきたいと思います。
おから保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 おからの保存期間(消費期限)

生のおからは特に消費期限が短く痛みやすいので夏場は豆腐屋でも販売を避けるところもあるほどですのでしっかりと保存して早めに使いきったほうがよいでしょう。
ここでは、おからの目安となる保存期間を紹介していますので参考にしてください。

【生おからの冷蔵保存期間】1~2日
・買ってきたらすぐに冷蔵庫にて冷蔵保存しても1~2日しか保存できません(できれば生おからは当日中に食べない場合は、乾煎りして冷凍保存したほうが良い)。

【乾燥おからの保存期間)】数ヶ月程度
・開封してしまうと湿気を吸いやすいのでしっかりと密閉できる容器に移して乾燥剤を入れて常温で保存した場合

STEP2 おからの傷み具合の判断

生おから(卯の花)は、足が早く入手したその日もしくは次の日には乾煎りして冷凍保存したほうが良いでしょう。
季節によっては、当日で消費期限をすぎてしまうこともあるほどなのでしっかりと腐っていないのか状態を確認してから食べるようにしてください。

おからが腐ると下記のような状態になります。

■食べられない状態
①異臭がしている
②ベタベタ・ネトネトしている

あわせて読みたい関連テーマ

おからの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>おから賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP