そら豆賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>そら豆賞味期限(傷み具合)
そら豆は、豆科の中でもとくに鮮度が落ちやすいもので「美味しいのは三日間だけ」とも言われるくらい鮮度が落ちやすいのです。
採りたてが一番美味しいのですが、さやから出すとすぐに豆の外の皮が硬くなり風味が低下するので調理する直前までさやから出さないのが美味しい状態を保つポイントとなります。
そら豆保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 そら豆の保存期間(賞味期限)

日数が経過すればするほど旨みが低下してしまいやすい野菜ですので早めに使い切ってしまいましょう。
購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【さやつきのそら豆の冷蔵保存可能期間】2~3日程度

【さやから出したそら豆の保存期間】出した日に食べたほうが良い
さやつきのそら豆はビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室にて保存するのが基本です。さやつきであれば1週間程度は保存自体は可能ですが、水分が抜けて本来の旨みを失いやすい。

【そら豆の冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
極端に鮮度が低下しやすい野菜なので使い切れない場合にはすぐに冷凍保存に切り替えたほうが良いでしょう。
冷凍保存は、さやからだして水洗いしてお湯でさっと固めに茹でてから冷ましてフリーザーバックに入れて冷凍庫にて冷凍保存します。

STEP2 そら豆の傷み具合の判断

野菜全般に言えることですが、同じ野菜でも店頭に並ぶまでの時間と鮮度に大きな差があります。 基本的な傷み具合の判断は、見た目に腐っていないか異臭がしないかの確認をしていただければ栄養素の低下と旨みの低下があるかもしれないが食べることが可能な場合が多い。 参考までにそら豆が傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■食べられる状態
1.豆がクリーム色(黄色)になっている。収穫が遅く熟していることが多い。
2.そら豆のさやが黒く変色している状態(鮮度が落ちているが茹でれば食べることができる)

■食べられない状態
1.そら豆から異臭がする
2.豆にカビが生えている

あわせて読みたい関連テーマ

そら豆の保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>そら豆賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP