食パン・パン賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>食パン・パン賞味期限(傷み具合)
パンは腐るというよりは、基本的に空気に触れる時間が長ければ長いほどカビの発生がしやすくなります。

また、食パン・パンは種類によって保存方法も保存期間も変わってきます。パンは冷凍保存も可能ですので食べきれないときは迷わず冷凍保存したほうが無駄にならずに済みます。
明確な賞味期限自体は、特にありませんが傷んできたり劣化してきたら見た目で結構判断ができます、ここではそういった判断方法と賞味期限を伸ばす方法について掲載しています。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 食パン・パンの保存期間(賞味期限)

季節や購入したパンの種類により賞味期限は大きく差がでてきますが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【食パン・パンの冷蔵保存期間】1週間程度
・食パン・パンは冷蔵保存すると乾燥しやすいのであまりおすすめはできません。冷蔵保存するくらいなら冷凍しておいた方が良いでしょう。

【食パン・パンの冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
・使いきれない時や大量に買いすぎたときは迷わず冷凍保存しておくと長期保存が可能です。

STEP2 食パン・パンの傷み具合の判断

基本的な傷み具合の判断は、見た目にカビが生えていないか異臭がしないかの確認をしていただければ栄養素の低下と旨みの低下があるかもしれないが食べることが可能な場合が多い。
参考までに食パン・パンが傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■食べられない状態
①乾燥して硬くなっている
②カビが生えている
③異臭がする(パンの種類により腐る時もある)
④味に酸味のような変化がみられる

あわせて読みたい関連テーマ

食パン・パンの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>食パン・パン賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP