一度挽いたコーヒー豆賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>一度挽いたコーヒー豆賞味期限(傷み具合)
コーヒー豆は、一度挽いてしまうと時間が経てば経つほど風味は落ち酸化が進んでいきますので日に日に風味や旨みが低下していくわけです。

一度挽いたコーヒー豆は、明確な賞味期限はないというか基本的に腐るものではないのです、しかし風味の問題をどこまで許容範囲として受け止めるかには大きな個人差がでてきます。
※逆に開封前のコーヒー豆であれば空気に触れない状態でしっかり保存しておけば1年以上経過しても美味しい本来の味を残しています。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 一度挽いたコーヒー豆の保存期間(賞味期限)

購入時・入手後の保存状態にもより大きく変化しますが、目安となる保存期間は下記程度の保存が可能となります。

【一度挽いたコーヒー豆の冷蔵保存期間】10~20日程度(最大で1ヶ月程度)
・密閉できる容器等に入れてしっかりと空気を抜いて冷蔵保存しても風味の低下は完全には防ぐことはできませんので約1ヶ月程度が美味しく飲めるギリギリの範囲だと言えます。

【一度挽いたコーヒー豆の冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
・冷蔵保存と同じ容量で密閉してから冷凍保存することが挽いたコーヒーの美味しい状態を一番長く保つ方法です。
・冷凍保存をおすすめするのは、コーヒー豆は温度が高くなるほど、傷みやすくなりますなり10℃高いだけで2倍のペースで風味が低下するそうです。

STEP2 一度挽いたコーヒー豆の傷み具合の判断

コーヒーに明確な賞味期限がないので難しいのが痛み具合なのですが、保存状態の悪いコーヒーを飲むと胃のむかつき・吐き気等の症状が現れることもありますので注意してください。
参考までに一度挽いたコーヒー豆が傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■飲める状態
①香りの低下が見られるが味に変化はないとき

■飲まない方が良い状態
①異常に酸味が出ている、変な味がする
②異臭がするとき
③カビが生えているとき

あわせて読みたい関連テーマ

一度挽いたコーヒー豆の保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>一度挽いたコーヒー豆賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP