サツマイモ賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>サツマイモ賞味期限(傷み具合)
サツマイモの旬は9月~11月で温度と湿度をしっかり管理して貯蔵すると甘味が増しておいしくなる。
保存適正温度としては、13~15℃程度で湿度が85%~90%くらいの高い日の当たらない場所にて保存するのが良い。
※低温には弱いので冷蔵庫での保存には向かないので注意が必要だ。
サツマイモ保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 サツマイモの保存期間(賞味期限)

購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【サツマイモの常温保存期間】1~3ヶ月程度
サツマイモを新聞紙等で包んで風邪通しの良い冷暗所に保存すると良い。温度は15℃前後湿度は高めの場所が保存場所に適している。

【サツマイモの冷凍保存期間】1~3ヶ月程度
常温でも長期保存ができるので冷凍保存する必要があまりないかもしれないが冷凍保存も可能である。
季節によっては常温だと腐りやすくもなるので冷凍保存したほうが長持ちすることもある。
方法は簡単でサツマイモを使いやすい大き差にカットしてから蒸してフリーザーバックに入れて冷凍保存すれば冷凍可能である。

STEP2 サツマイモの傷み具合の判断

サツマイモが傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。
スポンジ状になったり斑点・変色が見られる箇所は食べたらすぐわかりますが美味しくないので避けましょう。

■食べられる状態
1.芋を切ったときに端(切り口側)から少し変色している場合は変色している部分を切り落とせばまだ食べられる。
2.部分的に黒い斑点が出てきている場合はその部分を切り落とせば食べられる

■食べられない状態
1.芋の水分が抜けてシワシワもしくはスポンジのようになっている
2.食べた時に苦いもしくは変な味がする
3.異臭がする
4.柔らかくなってる
5.触ったらベトベトしている

あわせて読みたい関連テーマ

サツマイモの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>サツマイモ賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP