ゴボウ賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>ゴボウ賞味期限(傷み具合)
ゴボウは皮に良い風味があると言われており選ぶ際は土付きのものを買ったほうが良い、また切ると切り口がすぐに酸化して黒く変色するので切ったらすぐに水もしくは酢水に浸けておく、15分以上つけると風味の低下と硬さが出てくるので注意したい。

賞味期限は土つきで買って来た場合は日持ちしやすいので乾燥に注意して保存しておけば長期保存は可能である。

ただし切ったゴボウ、ささがきゴボウは賞味期限が短くなるので確認してから食べれるか判断したほうが良い。
ゴボウ保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ゴボウの保存期間(賞味期限)

購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【土つきゴボウの保存期間】2~3週間程度
【水洗いされたゴボウの保存期間】4~6日程度
保存の際きおつけるのが湿らせた新聞紙で包んで乾燥を防ぐということに注意する。
また保存温度は、常温でも可能だが夏場であれば野菜室に入れて冷蔵保存が好ましい。

【ゴボウの冷凍保存期間】1~2ヶ月
使いやすい大きさにカットしてから軽く茹でてフリーザーバックに入れて冷凍保存しておけばさらに長期保存が可能となる。

STEP2 ゴボウの傷み具合の判断

ゴボウが傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■食べられる状態
1.少し乾燥している場合は水に浸けておけば戻る食べることができる
2.切ったらスカスカの状態になっている(食べられるが美味しくはない)
3.手にとったら少し柔らかい感じがする(少し柔らかい状態くらいであれば加熱調理すれば食べることができる)

■食べられない状態
1.ズルズルして腐っている
2.異臭(酸っぱい匂い)がしている
3.乾燥しすぎてしなべている

あわせて読みたい関連テーマ

ゴボウの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>ゴボウ賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP