カリフラワー賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>カリフラワー賞味期限(傷み具合)
カリフラワーは20℃以上のところに置いておくとつぼみが開いてしまい食べれなくなるので冷蔵保存が基本となります。
ブロッコリー同様に保存可能な日数が極端に短い野菜ですので早めに計画的に使い切ってしまいましょう。
カリフラワー保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 カリフラワーの保存期間(賞味期限)

購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【カリフラワーの冷蔵保存期間】2~3日程度
湿らせた新聞紙で包んでポリ袋に入れ冷蔵庫にて保存した場合でも保存期間は短く2~3日程度しかありません

【カリフラワーの冷凍保存期間】1~2ヶ月
固めに塩茹でして水気を切ってフリーザーバッグに入れ冷凍保存すれば長期保存が可能です。冷蔵保存ではすぐに鮮度が低下してしまうので使い切れないときは冷凍保存しかありません。

STEP2 カリフラワーの傷み具合の判断

カリフラワーが傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■食べられる状態
1.真っ白のつぼみに若干の変色が見られる場合は変色している箇所のみを切り落として使える
2.一部に黒や茶色の斑点が見られる場合はその部分を切り落として使える

■食べられない状態
1.異臭がしている
2.ぬめりが発生している
3.全体的に黒や茶色の斑点が見られる

あわせて読みたい関連テーマ

カリフラワーの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>カリフラワー賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP