春菊賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>春菊賞味期限(傷み具合)
鍋の季節に食卓に並ぶ野菜の代表とも言える春菊ですが、乾燥に弱く買ってきたまま冷蔵庫に保存してしまうと賞味期限が短くなってしまいます。
平均的な春菊の食べられる期限は2~3日程度ですが乾燥対策をしっかりして保存しておくことで買ってきた状態にもよりますが1週間程度の保存が可能になることもあります。
春菊保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 春菊の保存期間(賞味期限)

春菊の葉をみてしなしなになって水分が抜けていなければほとんどの場合食べることができます。
劣化してくるとしなっとなってくるので見た目でする分かると思います。
購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【春菊の冷蔵保存期間】2~3日程度
湿らせた新聞紙で包んでからポリ袋に入れて野菜室に根の部分を下にして立てて保存すると賞味期限が伸びやすくなります。

【春菊の冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
春菊を固めにさっと茹でてから冷まして水気を切り使いやすい大きさにカットしてからフリーザーバックに冷凍庫に入れて保存する。

STEP2 春菊の傷み具合の判断

野菜全般に言えることですが、同じ野菜でも店頭に並ぶまでの時間と鮮度に大きな差があります。 基本的な傷み具合の判断は、見た目に腐っていないか異臭がしないかの確認をしていただければ栄養素の低下と旨みの低下があるかもしれないが食べることが可能な場合が多い。 参考までに春菊が傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■食べられる状態
1.一部の葉が変色している場合はその部分を取り除けば食べることができる
2.葉の一部がしなっとなっている場合は取り除いて食べることができる

■食べられない状態
1.カビが生えている
2.異臭がする場合
3.触ったときにぐにゃとしたりぬるっとしている状態

あわせて読みたい関連テーマ

春菊の保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>春菊賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP