カブ賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>カブ賞味期限(傷み具合)
カブは根と葉の部分ともに食べることができる野菜ですが買ってきたらすぐに葉と根を切り離して保存するようにしましょう。
葉がついたまま保存すると葉にカブの水分が吸い取られて鮮度が低下してしまいます。
カブ保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 カブの保存期間(賞味期限)

購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【カブの根の冷蔵保存期間】1週間程度
カブの根を新聞紙で包んでポリ袋に入れて野菜室に入れて保存した場合(冬場であれば冷暗所での常温保存も可能)

【カブの葉の冷蔵保存期間】2~3日
カブの葉部分は保存期間が短いのでポリ袋に入れて野菜室で保存した場合でも保存期間がとても短いので早めに使うことをおすすめします

【カブの冷凍保存期間】1~2ヶ月
葉部分は長期保存に向いていないので早めに冷凍保存しておくと良く長持ちできます、根部分も1週間程度で使い切れない場合には冷凍保存に切り替えましょう。

STEP2 カブの傷み具合の判断

ガブが傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■食べられる状態
1.スが入っている状態
2.若干柔らかくなってきている、シワシワになってきている状態(明らかに柔くなっていて水分が抜けているような状態のものは捨ててしまいましょう)

■食べられない状態
1.柔くなるもしくはシワシワになっていて異臭がしている
2.変色もしくはカビ等の発生が見られる
3.汁が出てきている状態
4.ぬめりがある状態

あわせて読みたい関連テーマ

カブの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>カブ賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP