掃除・洗濯の電気代の節約・見直しの裏技を掲載

快適節約収入生活電気代節約 >洗濯機・乾燥機の電気代節約技

ここでは洗濯機・乾燥機にかかる電気代を少しでも減らす方法を掲載しています。
洗濯機の電気代なんてと思われるかもしれませんが少しの節約が年間と通してみるとかなりの金額になるのです。
参考までに洗濯機1回の稼動にかかる電気代は約2円程度となります。
2日1回洗濯したとして月15回 約30円程度の電気代となります。

また大きな電気代がかかるのが乾燥機です、乾燥機を使うとすると洗濯・乾燥で1回に20円程度の電気代が必要となります月15回 約300円程度の電気代になります。
ここでは洗濯にかかる電気代全般を節約する裏技を紹介していきます。
スポンサードリンク

洗濯・乾燥機の電気代を減らす

STEP1 乾燥機の稼動時間を減らして電気代節約
節約効果:年間3000円程度[乾燥機を使用しない場合]
STEP2 洗濯はある程度ためてからしよう
節約効果:年間120円程度[3日1回洗濯するようにした場合]
STEP3 1度の洗濯でどれくらいの量が効率がいい?
節約効果:年間65円程度[2日1回洗濯した場合]
STEP4 洗濯のコースを選んで使う
節約効果:用途洗濯物の汚れ等にて変動するので試算不可
STEP5 乾燥機のフィルターの掃除
節約効果:年間1000円程度
STEP6 バスタオルを使いまわす
節約効果:家族構成・洗濯頻度によって変動するので試算不可
STEP7 大物の毛布・じゅうたんなどはお風呂で洗う
節約効果:年2回5000円以上[2畳程度のじゅうたんの場合]
【まとめ】上記手順で電気代を見直した場合の節約可能金額
年間8,185円の節約[※必ずこの金額とはなりませんが条件を満たせば可能]
スポンサードリンク

STEP1 乾燥機の稼動時間を減らして電気代節約

最近の洗濯機には、乾燥機が付いているものが多いですよね。乾燥機を使い乾かすのは簡単です。しかし、少し気を使ってあげると少しですが電気代節約につながります。

その方法は簡単で、脱水の時間を少し長くしてあげることです。
脱水をよくしてから乾燥機に入れたほうが乾燥時間が短くなり電気代の節約になります。梅雨の季節では、干しても乾かないので乾燥機を使う回数が増えるますので、ぜひこの方法を試してください。
少しの気遣いが電気代の節約につながります。
もちろん乾燥機をつかわずに自然乾燥させることができれば最大の節約になります。

STEP2 洗濯はある程度ためてからしよう

洗濯を毎日することはとても偉くみえるのですが、実際に毎日洗濯するほどの洗濯物がたまっているのでしょうか?
子供の多い家庭では、確かに必要かもしれませんが、夫婦二人の家庭などでは、少しためてからする方が節約になります。
最近の洗濯機は一度に洗濯出来る量がかなり大きく5キロ以上も洗えるものもあります。

しかし、実際に5キロもの洗濯物を洗っているのかというとそうではないはずです。仮に半分の洗濯物の量で洗っても電気代は5キロの状態と変わらず損していることになります。 設定で何キロ等を変えられるものもありますが、基本的に少しためてからのほうが水道代の節約にもなります。

また、ハンカチや下着などは、少しであれば出来るだけ手洗いするようにしましょう。
お風呂に入っている時にでも、すこし洗うようにするだけでちょっとした節約になります。
しかも、お風呂水などをバケツなどに少し貯めて手洗いすると温い水で汚れが落ちやすくなりますのでおすすめです。

STEP3 1度の洗濯でどれくらいの量が効率がいい?

洗濯する時は、上記にてまとめてと掲載していますが、余りにつめすぎも逆に消費電力が増えるので注意しましょう。
一般的にもっとも電気代の節約に繋がるのは80%くらいの量がベストと言われています。

又、乾燥機においても同じことが言えるようです。
例えば、1キロの洗濯物を二回乾燥させるより2キロを一気にした方が、かなり電気代の節約になります。ただし洗濯物の量には注意しましょう!!

STEP4 洗濯のコースを選んで使う

ほとんどの洗濯機は、いろいろなコースがありますが、私は「標準コース」しか使っていませんでした。
取扱説明書を読んで見ると、電気代の節約・時間の節約に最適です!

「標準コース」だと約36分かかりますが、「お急ぎコース」「節約コース」だと約20分ででき電気代節約になります。
衣類が少ないときや汚れがひどくないとき、時間がない時などにいいです。
消費電力は約60%、水道代は約30%節約できます。

STEP5 乾燥機のフィルターの掃除

なんと乾燥機にフィルターが付いているということをしっていますか?
洗濯後に乾燥機を使えば使うほどフィルターに汚れが付き乾燥機の効率がどんどん下がってしまいます。
効率が下れば下がるほど同じ時間で乾燥機にかけたにもかかわらず衣類の乾きが悪くなるなど電気代のみ無駄に消費してしまうことになります。
フィルターは少なくとも5回以上使うと一回くらいは掃除するようにこころがけましょう!!
それだけで年間1000円以上の電気代節約になります。

STEP6 バスタオルを使いまわす

バスタオルを使用すると洗濯の量が多くなり電気代と水道代がかかります。
バスタオルの変わりにフェイスタオルを使うといいのですが、バスタオルは大きくて体を巻くのも便利です。

そこでバスタオルを毎日洗濯をせずに2~3日おきに洗濯をするのです。
水に濡れてそのままにしているといけないので、洗濯しない日は外に干しておくと洗いたての様になります。
子供のバスタオルはできるだけ毎日洗った方がいいかも知れませんね。
菌が繁殖するので大人の方でも皮膚が弱い人などは清潔にしてたほうがいいですね。

STEP7 大物の毛布・じゅうたんなどはお風呂で洗う

大物の毛布・じゅうたんなどはクリーニングに頼むとかなりかかります。
うちもこの前コタツ布団を2枚頼みましたが、3,300円かかっていたい出費でした。
そこでひどい汚れでない場合は自宅でできる洗濯方法があります。

その方法は、お風呂の残り湯を使って洗います、浴槽に3分の1ほど残して、その中に毛布・じゅうたんなどを入れ洗剤をいれてそのまま浸けておきます、汚れが水に溶けたら浴槽の中で足で踏みます。
ちょっと今の季節は冷たいとおもいますが、がんばりましょう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活電気代節約 >洗濯機・乾燥機の電気代節約技

↑ PAGE TOP