掃除機の電気代の節約の裏技を掲載

快適節約収入生活電気代節約 >掃除機の電気代節約

ここでは掃除機にかかる電気代を少しでも減らす方法を掲載しています。

掃除機はいったいどれくらいの電気代がかかるか知っていますか?

一般的な掃除機は、10分間かけたとしてかかる電気代は5円~6円程度で、2日1回掃除を20分かけるとして年間で2,160円ほどの電気代が必要となります。
掃除機って意外と使い方を少し変えるだけで節約できるので参考程度にでもみていただけると節約につながるとおもいます。
スポンサードリンク

掃除機の電気代を減らす

STEP1 掃除機のフィルターをまめにチェック
節約効果:年間360円ほどの節約
STEP2 掃除機をかける時間を減らそう
節約効果:年間540円節約[一回5分減らした場合]
STEP3 掃除機の吸引口を用途にあわせて交換
節約効果:年間100円節約[一回1分減らした場合]
STEP4 掃除機の強・弱を使い分ける
節約効果:用途によって節約効果変動
【まとめ】上記手順で電気代を見直した場合の節約可能金額
年間1,000円の節約[※必ずこの金額とはなりませんが条件を満たせば可能]
スポンサードリンク

STEP1 掃除機のフィルターをまめにチェック

フィルター・ゴミパックにゴミ・ホコリ等がいっぱい溜まったまま、掃除機を使うと負担がかかり、吸引力が低下し、その分時間が掛かり電気代は多くかかります。
そこで、掃除機のフィルター・ゴミパックは、こまめに掃除するようにしましょう。

年間ではそれなりの電気代の節約になります。
又、パックは、中をキレイにしてあげれば何度か再利用できますのでそういった部分でもコツコツ節約しましょう。

STEP2 掃除機をかける時間を減らそう

掃除機を使うとき、少し整理して掃除機をかけて、また整理して掃除機をかけてと一回の掃除で何度もスイッチを切り替えながら掃除をしていませんか?
このやり方をしていると電気代が無駄にかかってしまいます。

なぜなら掃除機はスイッチを入れた瞬間がいちばん電力を消費するのです。

部屋中をキレイに整理してから一回で終われせるように掃除機をかけるようにしましょう。
掃除の時間も短縮されて電気代の節約にもなります。

STEP3 掃除機の吸引口を用途にあわせて交換

掃除機を買うとついているのが、吸引口の交換できる吸引口です。
これをうまく使っていますか?

畳やカーペット、フローリングなど床に合わせて吸引口を替えると吸引力がアップしてゴミを素早く掃除できて掃除時間を短縮できます。
うまく使いこなすことにより掃除時間が短くなった分だけ電気代を節約できます。

STEP4 掃除機の強・弱を使い分ける

掃除機を掛けるときに吸い取る強さは調節していますか?

実は、ちゃんと弱・強などをうまく使い分けるだけで電気代節約できます。

『強』は、じゅうたんなどの汚れ・ほこりの吸い取りにくい物を掃除する。
『弱』は、畳やフローリングなどの汚れ・ほこりが取れやすい物を掃除するとき。

うまく使い分けて電気代を減らしましょう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活電気代節約 >掃除機の電気代節約

↑ PAGE TOP