サヤインゲンを保存する際に注意する点とサヤインゲンの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>サヤインゲンを長持ちさせる保存方法

サヤインゲンの保存適正温度は、5℃前後ですので冬場であれば常温保存も可能ですが基本的には、冷蔵庫の野菜室での保存になります。
また、乾燥に弱く傷み安いので傷んでいるインゲンを見つけた場合は、早めに取り除いてください。
他の状態の良いインゲンまで劣化させてしまう原因となります。

【サヤインゲンの冷蔵保存期間】1週間前後
【サヤインゲンの冷凍保存期間】1~2ヶ月
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 サヤインゲンを買う時の選び方

鮮度の良い美味しいサヤインゲンの選び方は下記を参考にしてください。

■新鮮なサヤインゲンの選び方
・全体的に豆の形が小さく細い物が育ちすぎておらず柔らかいもの
・全体的に濃い緑色で変色していないもの
・ピンと張りがあり先までしっかりしているもの
・黄色に変色しているもしくは黒ずんでいるものは避ける
・ヘタの部分が変色しているものは避ける

STEP2 サヤインゲンの冷蔵保存方法

■サヤインゲンの正しい冷蔵保存方法
1.サヤインゲンをポリ袋に入れて新聞紙で包みます
2.冷蔵庫の野菜室に入れて保存します
3.定期的に中を確認して傷んでいる(変色している)物は早めに取り除いてください
※この方法で保存した場合でも最大で1週間程度の保存期間ですので使い切れない場合は冷凍保存に切り替えましょう
※温度が低い場所での保存は低温障害の原因となりますので野菜室にて保存してください
※サヤインゲンが痛むと変色が始まります。黒ずんできたら取り除いてください。

■サヤインゲンの冷蔵保存可能期間
・サヤインゲンの保存可能期間:1週間前後

STEP3 サヤインゲンの冷凍保存方法

4~5日程度野菜室で保存していて使い切れない場合、変色が始まってきている場合には冷凍保存しておけば長期保存が可能です。
傷んでしまう前に下処理をしてから冷凍保存しましょう。
冷凍保存方法は下記を参考にしてください。

■サヤインゲンの冷凍保存方法
1.ヘタを取りのぞきます
2.軽く塩茹(10~15秒程度)でします
3.冷やしてから水気をしっかりと取ります
4.フリーザーバッグに入れて空気を抜きます
5.急速冷凍(金属トレイの上に置くなど)して冷凍保存します
※急速冷凍することで食感の低下を抑えることができます。

■冷凍サヤインゲンの使い方
・電子レンジで解凍して和え物料理に使えます
・解凍せずそのまま煮物料理に使えます

■サヤインゲンの冷凍保存期間
・サヤインゲンの冷凍保存可能期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

サヤインゲンの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>サヤインゲンを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP