里芋を保存する際に注意する点と里芋の選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>里芋を長持ちさせる保存方法

里芋といえば煮物に使われ味の染みやすい長持ちする野菜ですが、温度と乾燥に敏感な野菜で保存時には少し注意が必要です。

保存温度は、常温保存(10℃~20℃前後)で長期間保存ができます、あまり温度が低いと低温障害を起こしたり高温温度(25℃以上)の場合には早く腐る原因にもなりますので注意が必要です。
常温温度で保存できる期間は、泥付きの物で1ヶ月程度、洗ってあるもので1週間前後ですのでもっと長く保存したい場合には、冷凍保存することも可能です。

【泥つきの里芋の保存可能期間】1ヶ月程度
【洗った里芋の保存可能期間】1週間程度
【里芋の冷凍保存期間】1~2ヶ月
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 里芋を買う時の選び方

里芋を買う際には、泥付きの物を選んだほうが保存が容易にできるので泥付きの物を選びましょう。
また鮮度が良い状態を見極める方法もあります、下記を参考にして鮮度のより良いものを選んで買ってください。

■新鮮な里芋の選び方
・里芋の表面が乾燥しておらず若干湿っている物が良い
・硬くて重みのあるものをが良い、柔らかかったり傷のあるものは傷んでいる可能性があるので避ける
・里芋の皮が剥いてあるものは避ける
・皮が余っていたり、柔らかいものは避ける
・皮が茶色くひび割れていないもの
・里芋の色が黒ずんでいるものは避ける

STEP2 里芋の冷蔵保存方法

■泥付き里芋の正しい保存方法
1.乾燥に弱いので新聞紙で包みます
2.常温(10~20℃前後)の冷暗所にて保存します
※泥付きの里芋の方が保存期間が長くなるので泥付きが売っている場合にはそちらを選んだ方が良い。
※10℃以下もしくは25℃以上になるような場所では低温・高温障害を起こすので避けて野菜室に入れて保存しましょう。

■洗ってある里芋の正しい保存方法
1.新聞紙で包みます
2.ポリ袋に入れてから冷蔵庫の野菜室にて保存
※洗ってある里芋は保存期間が短くなるので1週間を目途に使い切ることをおすすめします。
※冷蔵庫の温度が低すぎると低温障害を起こすので野菜室に必ず保存しましょう。

■里芋の冷蔵保存可能期間
・泥つきの里芋の保存可能期間:1ヶ月程度
・洗った里芋の保存可能期間:1週間程度

STEP3 里芋の冷凍保存方法

傷がある里芋や洗ってある里芋は長期保存には向いていないので使い切る予定がないときは冷凍保存してしまったほうが無駄にならずに使い切ることができます。

■里芋の冷凍保存方法
1.里芋の皮を剥きます
2.お湯で固めに茹でます(目安として串が刺さる程度の硬さ)。
3.冷ましてから水気を取りフリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れて保存します

■冷凍里芋の使い方
・解凍しないまま煮物などの料理に使えます

■里芋の冷凍保存期間
・里芋の冷凍保存期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

里芋の賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>里芋を長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP