ゴボウを保存する際に注意する点とゴボウの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>ゴボウを長持ちさせる保存方法

ゴボウは買って来た状態により保存期間に大きな差があります。

土がついている状態のゴボウであればしっかりとした保存方法で保存すれば最長で2~3週間程度の保存も可能ですが、一般的にスーパーで売られている水洗いされているゴボウは4~6日程度と保存期間が短くなります。

ゴボウは基本的に乾燥に弱いので乾燥しにくいようにラップ・新聞紙で包んでおくと保存期間が伸ばせます、保存温度は0度前後が適温なので冬場であれば常温の冷暗所、夏場は野菜室に入れて保存すると良いでしょう。

【土つきゴボウの保存期間】2~3週間程度
【水洗いされたゴボウの保存期間】4~6日程度
【冷凍保存期間】1~2ヶ月
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ゴボウを買う時の選び方

ゴボウを買うときは、迷わず土つきの物を選ぶことが基本です。
保存期間に大きな差があります。
その他買う際に注意して見ておくべきところは下記の通りです。

■新鮮なゴボウの選び方
・ゴボウが硬く太さが均等であるもの
・乾燥に弱いので全体的に見てしなべていないもの
・値のヒゲが少ないもの
・ゴボウの表面の皮に変色やひびのないもの

STEP2 ゴボウの冷蔵保存方法

■土のついているゴボウの保存方法
1.乾燥を防ぐために新聞紙で包みます
2.冬場であれば冷暗所、夏場であれば冷蔵庫の野菜室に保存
3.保存するときは立てて保存しましょう

■水洗いされたゴボウの正しい保存方法
1.鮮度が落ちやすいので軽く湿らせた新聞紙で包みます
2.ポリ袋に入れて野菜室にて保存しましょう
※長くて入らない場合は切ってラップで包んでから保存しましょう

■ゴボウの冷蔵保存可能期間
・土つきゴボウの保存期間:2~3週間程度
・水洗いされたゴボウの保存期間:4~6日程度
※状態と季節によってはもっと長い期間保存ができることもありますが、乾燥に弱いので食べる前に確認してみて怪しいときは加熱処理をしっかりとしてから食べてください。

STEP3 ゴボウの冷凍保存方法

ゴボウは冷蔵保存でも意外と長い間保存は可能なのでできれば冷凍しないで使い切ってしまったほうが良いのですが食べきれないときは、冷凍保存しておけば長期的な保存が可能になります。 冷凍保存する方法は下記を参考にしてください。

■ゴボウの冷凍保存方法
1.さきがけゴボウもしくは調理しやすい大きさにカットします
2.軽く茹でてから水気をしっかりときります
3.フリーザーバックに入れて冷凍庫に入れて冷凍します
※少し凍った頃に一度冷凍庫から出してフリーザーバックの上から軽めに手もみしてバラけさせておくと使うとき便利です。

■冷凍ゴボウの使い方
・解凍せずにそのまま味噌汁やきんぴら等に使えます

■ゴボウの冷凍保存期間
・ゴボウの冷凍保存期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

ゴボウの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>ゴボウを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP