豆腐賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>豆腐賞味期限(傷み具合)
低価格で売られている節約食材の豆腐ですが、保存期間が短いのも特徴の一つです。
しかし賞味期限が短い豆腐ですが種類によっては保存期間が長い物やちょっとした工夫で数倍の日数消費期限を伸ばすことができます。
豆腐保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 豆腐の保存期間(賞味期限)

豆腐を正しい保存方法で保存すると下記程度の保存が可能となります。

【普通のパック詰め豆腐の保存期間】約5~7日
普通にパックにはいって売られている豆腐は、豆乳温めから凝固剤を入れ型に入れて固めた物で密閉されておらず菌が繁殖しやすいので消費期限が短くなっています。

【充填豆腐の保存期間】2ヶ月程度(未開封の場合)
充填豆腐とは、豆乳と凝固剤をあらかじめ密閉された容器に入れた後に加熱処理して固められたもので無菌状態となっており長期保存が可能となっています。

STEP2 豆腐の傷み具合の判断

豆腐は傷みやすい食材ですので食べる前には、注意して確認してみましょう。
参考までに豆腐が傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■主な豆腐の傷み具合
1.変な匂いがしないか確認する
2.豆腐が黄色に変色している
3.酸っぱい味がする
消費期限をきれていて上記のような症状が見られた場合には、食べるのを控えたほうが良いでしょう。
もし若干の変色等で大丈夫・食べれると自己判断した場合でも必ず熱処理してから食べてください。

あわせて読みたい関連テーマ

豆腐の保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>豆腐賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP