ピーマン賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>ピーマン賞味期限(傷み具合)
ピーマンを保存するときは水気に注意して保存するようにしましょう。
ピーマンに水分が付いた状態で冷蔵庫にいれておくとそこから傷んでしまいます。

また傷んだ状態のピーマンと一緒に保存すると状態の良いピーマンまで傷んでしまいますので傷んだピーマンがある場合は、優先して使うようにしましょう。
ピーマン保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ピーマンの保存期間(賞味期限)

購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【ピーマンの保存可能期間】約1週間程度
※2週間程度たっても食べることはできますが、保存期間が長くなればなるほど栄養・味・色味が低下していきます

STEP2 ピーマンの傷み具合の判断

野菜全般に言えることですが、同じ野菜でも店頭に並ぶまでの時間と鮮度に大きな差があります。
基本的な傷み具合の判断は、見た目に腐っていないか異臭がしないかの確認をしていただければ栄養素の低下と旨みの低下があるかもしれないが食べることが可能な場合が多い。
また、ピーマンは、新鮮な状態であればあるほど全体的に綺麗な濃い緑の光沢感やツヤのある表面をしています。
参考までにピーマンが傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■食べられる状態
1.ヘタの部分の色が変色 2.緑の表面が若干変色している 3.若干水分がなくなって少ししなびている

■食べられない状態
1.ピーマンから異臭がする
2.ピーマンが黒ずんでいる
3.ピーマンがしなべてシワシワになっている

あわせて読みたい関連テーマ

ピーマンの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>ピーマン賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP