ブロッコリー賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>ブロッコリー賞味期限(傷み具合)
ブロッコリーは、とても栄養価が高く弁当のおかずや炒め物など多数の料理に使える万能野菜ですが、冷蔵保存しても保存できる期間が短い野菜です。
ブロッコリー保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ブロッコリーの保存期間(賞味期限)

購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【ブロッコリーの冷蔵保存期間】2~3日程度
生のまま新聞紙で包みビニール袋に入れて冷蔵庫で保存した場合

【ブロッコリーの冷蔵保存期間(茹でた場合)】2~3日程度
固めに茹でてからタッパー等容器に小分けして入れ冷蔵庫で保存した場合

【ブロッコリーの冷凍保存期間)】1~2ヶ月程度
固めに茹でてからタッパー等容器に小分けして入れ冷凍庫で保存した場合

STEP2 ブロッコリーの傷み具合の判断

野菜全般に言えることですが、同じ野菜でも店頭に並ぶまでの時間と鮮度に大きな差があります。
基本的な傷み具合の判断は、見た目に腐っていないか異臭がしないかの確認をしていただければ栄養素の低下と旨みの低下があるかもしれないが食べることが可能な場合が多い。
ブロッコリーのつぼみは、若干の黄色への変色や開花状態でも食感と味の低下は少しありますが十分に食べることができます。
食べないほうが良い状態は下記のような状態です。

■食べられない状態
1.腐っている状態(つぼみや茎が茶色くなり解けている状態)
2.異臭がしている状態
3.カビが発生している状態(一部だけであればその部分を削いで食べることもできる)

あわせて読みたい関連テーマ

ブロッコリーの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>ブロッコリー賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP