ほうれん草賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>ほうれん草賞味期限(傷み具合)
ほうれん草は葉物野菜ですので基本的に劣化が早いです。
適正の保存温度は0℃前後ですので基本は冷蔵庫の野菜室に入れて保存しましょう。
また乾燥にも弱く湿度のない場所での保存はすぐに葉の水分が抜けてしまいしなっとした状態となります。
ほうれん草保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ほうれん草の保存期間(賞味期限)

購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【ほうれん草の冷蔵保存期間】1週間程度
保存日数が長ければ長いほど栄養素が失われるので早めに食べた良い。

STEP2 ほうれん草の傷み具合の判断

ほうれん草は常温で温度が高い状態で保存するとすぐに変色してきたり異臭がしてきたりしますので野菜室で保存することが望ましいです。
しっかりと保存しておいても状態によっては早く劣化してきたりしますのでここでは傷み具合の判断の基準を紹介していきます。

■食べられる状態
1.葉が溶けてドロドロとしている
2.腐って汁等がでて異臭がしている
3.葉が変色しており茎が黒くなっている
※葉の一部のみがドロっとしてきている場合はすぐにその部分を取り除いてしまいましょう。放置しておくと他の部分も腐敗が進む原因となります。

■食べられない状態
1.葉の一部が変色している状態
2.葉が部分的にしなべている状態
※変色している場合が部分的な場合はその部分を切り取ってしまえば食べることができます。

あわせて読みたい関連テーマ

ほうれん草の保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>ほうれん草賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP