バナナを保存する際に注意する点とバナナの選び方について掲載

快適節約収入生活果物の保存方法>バナナを長持ちさせる保存方法

バナナを保存する際の適正温度は、15℃前後の常温温度が一番良い環境だと言われています。
夏場の25℃を超えるような暑い日は傷みやすくなり、冬場の13℃以下の気温では熟成が止まってしまう結構デリケートな果物です。
【バナナの常温保存可能期間(夏)】3~4日程度
【バナナの常温保存可能期間(冬)】10日程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 バナナを買う時の選び方

傷みやすい果物のバナナですが、意外と傷んでいると思って避けているバナナが熟成していて美味しかったりします。
おいしいバナナの見極め方は下記の通りです。

■おいしいバナナの基準
1.バナナの皮の部分をみて黒い斑点が若干あるほうが熟成している
2.全体が黄色く青の部分がないもの
3.皮が硬いものは避けて若干柔い程度のもの
4.傷や凹みがあるものはすぐに傷みやすいので避ける
5.バナナの皮の縦に並んでいる角がはっきりしていないもの
6.バナナの茎が太くてあまり長くないもの

STEP2 バナナの正しい保存方法

■バナナの正しい保存方法
1.バナナを袋から取り出して1本づつラップまたはビニール袋で包みます
2.風邪通しの良い冷暗所(15℃前後)にて常温保存しましょう
3.置き方は、地面に触れるとそこから重みで傷んできますのでバナナハンガー等があれば吊るして保存、なければバナナが山形になるように置くようにしましょう。
※25℃を超えるような夏場の暑い時期は冷蔵庫に保存したほうが長持ちします。
※冷蔵庫に入れてしまうと追熟が止まってしまうので常温で追熟(皮に黒い斑点が出る程度)してから冷蔵庫に入れて保存しましょう。
※冷蔵庫内に入れるとバナナの皮が黒く変色してしまいますが中身には問題はありません。

■バナナの常温保存可能期間
・夏の暑い時期は、常温保存には向いておらず3日程度です。
・冬場であれば10日前後の常温保存が可能です。

STEP3 バナナの冷凍保存方法

バナナを長期保存したいなら迷わず冷凍保存しておくことをおすすめ、バナナがシャーベット状になりとてもおいしく食べることができます。

■バナナの冷凍保存方法
1.バナナを常温で追熟して食べ頃にしたらバナナの皮を剥きます
2.バナナを1本ずつラップで包んで冷凍庫に入れます

■冷凍バナナの食べ方
・凍ったままバナナシャーベットとして食べる
・凍ったままのバナナをミキサーでジュースにする

■バナナの冷凍保存期間
・変色してしまいますが約1ヶ月程度の冷凍保存は可能です。

あわせて読みたい関連テーマ

バナナの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活果物の保存方法>バナナを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP