アスパラガス賞味期限(傷み具合の判断)について掲載

快適節約収入生活食品の賞味期限>アスパラガス賞味期限(傷み具合)
アスパラガスは、比較的保存期間が短い野菜で、生のアスパラガスをそのまま保存しておくと水分がすぐに蒸発して硬くなってしまいます。
アスパラガス保存可能期間(傷み具合の判断)については下記を参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 アスパラガスの保存期間(賞味期限)

購入時・入手時の鮮度により多少変動があるため野菜全般に決まった賞味期限は定まっていないのですが、目安となる保存期間は鮮度が良い状態であれば下記程度の保存が可能となります。

【冷蔵保存期間】3~4日程度
しっかりと新聞やラップで包んで野菜室で保存した場合

【冷凍保存期間】1~2ヶ月
冷蔵保存期間が短いので早めに下処理して冷凍保存しておくと長期保存が可能になる。

STEP2 アスパラガスの傷み具合の判断

アスパラガスが傷んでくる・劣化してくると見られる症状は、下記の通りです。

■食べられる状態
1.茎の水分が抜けてシワシワな状態(穂先に変色がなければ切り口に濡れた新聞紙やクッキングペーパー等を当てて水分を含ませることで改善することがあります。)

■食べられない状態
1.穂先部分の変色が見られて、ずるずるになり腐っている(茎部分が綺麗であれば茎部分のみ食べることができますが、怪しい時は捨ててしまったほうが良いでしょう。)
2.異臭がする状態

あわせて読みたい関連テーマ

アスパラガスの保存方法

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品の賞味期限>アスパラガス賞味期限(傷み具合)

↑ PAGE TOP