暖房の電気代の節約・見直し情報を掲載

快適節約収入生活電気代節約 >ホットカーペットの電気代節約方法

冬の暖房器具といえば「こたつ」「エアコン」「石油ストーブ、ファンヒーター」「ホットカーペット」「ハロゲンヒーター」などが体表的なものです。
どれも暖房器具として多くの家庭で使われていますが、使用効果と電気代等に大きな差があります。

◆電気代のかかる暖房器具だけで見ると
1位:こたつ【月2000~3000円】
2位:ホットカーペット【月6000~7000円】
3位:エアコン【月8000~9000円】
4位:ハロゲンヒーター【月8000~9000円】
の順番に電気代高くなっていきます。

ホットカーペットはこたつと同等の電気代かと思っていたのですが結構な電気代がかかっているのがわかります。
※ただし部屋の大きさや暖房器具の大きさ・年式によって多少の電気代差があるので必ずしもこの順番になるとはいいきれません。
※この金額は一日16時間程度つけた場合の平均的な電気代です。

上記を参考にしてもらうとホットカーペットはこの中でも意外と電気代がかかるものだと分かってもらえると思います。
しかも暖房範囲がカーペット部分のみしか温められられないので総合的に見ると部屋全体を温めることができるエアコンが一番効率が良い気がしますが、断熱のしっかりした住宅であれば良いのですが一般的な住宅では必ずしもそうとは限りません。
ホットカーペットにしてもエアコンにしても節電を意識した使い方・環境に合った使い方をすることが一番大切です。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ホットカーペットの暖房力を上げる

ホットカーペットの電気代を少しでも減らしたいならまずはフローリングの上に直で敷くことはやめたほうが良いでしょう。
ホットカーペットを敷くときは、フローリングの上に直接敷くのではなく間にアルミシート・断熱シートを一枚敷いておくと熱が逃げるの抑えてくれて暖房効果が上がり電気代を節約することができます。
アルミシート・断熱シートがない場合には絨毯でも構いません。
直接ホットカーペットがフローリングに触れることを避けるだけで暖房効果にかなりの差がでてきますので一度試してみてください。

STEP2 ホットカーペットと他の暖房器具の併用使用

ホットカーペットだけでは、真冬になるとどうしても寒くて過ごせないのなら少し工夫をして使用してみる方法もありです。

◆一番エコで簡単な方法として【ホッとカーペット+毛布】
小さめの毛布でも構いませんので足元に掛けてホットカーペットに入ると十分な暖房効果が得られます。

◆併用使用は絶大な効果があり【こたつ+ホットカーペット】
ホットカーペットの上にこたつを置くだけ、あとはカーペット側に電気を入れておくと結構温く寒い冬場も過ごしやすくなります。

◆光熱費的にはおすすめでない【エアコン+ホットカーペット】
エアコンが床足元部分を温めるのが苦手という部分をホッとカーペットが足元部分から温めてくれるのでお互いの弱点を補ういい併用方法であると言えますが、電気代はかなりかかるのであまりおすすめはできません。

STEP3 ホットカーペットの温める範囲は都度変える

ホットカーペットには、温める範囲を設定できるものがほとんどです。一人で使用するときに全面を温めていては電気代の無駄使いです。 必要な部分のみに電源を入れてしっかり節電を行うことおすすめします。

スポンサードリンク

快適節約収入生活電気代節約 >ホットカーペットの電気代節約方法

↑ PAGE TOP