アスパラガスを保存する際に注意する点とアスパラガスの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>アスパラガスを長持ちさせる保存方法

アスパラガスは、比較的保存期間が短い野菜で、生のアスパラガスをそのまま保存しておくと水分がすぐに蒸発して硬くなってしまいます。

【冷蔵保存期間】3~4日程度
しっかりと新聞やラップで包んで野菜室で保存した場合

【冷凍保存期間】1~2ヶ月
冷蔵保存期間が短いので早めに下処理して冷凍保存しておくと長期保存が可能になる。

◆アスパラガスの基礎知識
栄養素カロチン、ビタミンC、ビタミンE、ルチン、アスパラギン酸
アスパラガスの効用カロチン【免疫力向上】
アスパラギン酸【疲労回復】
ビタミンC【貧血予防】
ルチン【高血圧予防】
主な調理法肉巻き、ベーコン巻、炒め物、サラダ、胡麻和え など
保存期間【冷蔵保存期間】2~4日程度
【冷凍保存期間】1~2ヶ月
販売価格(1束当たり)150~250円前後
アスパラガス旬の季節春~初夏(5月頃)
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 アスパラガスを買う時の選び方

保存期間が短いアスパラガスを少しでも長持ちさせるには買う際の選び方が大切になってきます。
ここでは簡単な店頭での見極め方法を紹介しておきたいと思います。

■アスパラガスの選び方
1.まずアスパラガスの先端部分を見比べてください。先端部分がしっかり締まっているもの選ぶようにしましょう、アスパラガスは日数が経てば経つほど先端部分が緩くなってきます。
2.茎部分が細くなっていたり、シワっぽさがあったりするものは避けましょう、すでに水分が抜け出していて劣化が始まっている場合があります。
3.茎が縦筋が少なく、全体的に硬すぎずにハリのあるものが良い。
4.切り口部分を見て変色が始まっていないか?みずみずしさがあるかを見比べてみてください。切り口が変色しているものは極力避けたほうが良い

STEP2 アスパラガスの冷蔵保存方法

アスパラガスの保存方法は、常温保存には向いていないので基本的には冷蔵保存もしくは冷凍保存すると良い。
すぐ使う予定がないのなら迷わずに冷凍保存しておいたほうが確実に使い切ることができます。
4日以内で使いきれる場合には、冷蔵保存しておきましょう。

■冷蔵保存方法
1.アスパラガスは乾燥に弱いので水を染み込ませた新聞紙もしくはラップでしっかり包んでから冷蔵庫へ入れる。
2.冷蔵庫に保存する際にはアスパラガスの穂先が上になるように立てて保存しましょう。
3.切り口部分の変色が始まっている場合には、変色している切り口を少し切り落としてから濡れた新聞紙等で包んで保存する。

この方法で保存した場合でも長期保存はできないので4日以内には使い切ってしまいましょう。
日数が経過すればするほどアスパラガスが硬くなって旨みが減少していきます。

STEP3 アスパラガスの冷凍保存方法

アスパラガスを長期保存するには冷凍保存しか方法がありません。
ここでは簡単なアスパラガスの冷凍方法を紹介しておきます。

■冷凍保存方法
1.アスパラガスをさっと下茹でしてから水気をとります。
2.水気をとったら適当な長さに切り平らになるように広げてフリージング袋等に入れる。
3.フリージング袋内の空気をしっかりと抜いて閉めそのまま冷凍庫内へ入れる。
4.使用するときは自然解凍させて使うと良いでしょう。

保存可能な期間は、1~2ヶ月程度は冷凍保存しておいても十分に使用可能です。冷凍臭くなる前に使いきってしまいましょう。

あわせて読みたい関連テーマ

アスパラガスの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>アスパラガスを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP