ほうれん草を保存する際に注意する点とほうれん草の選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>ほうれん草を長持ちさせる保存方法

ほうれん草は買ってきた時の状態にもよりますが、新鮮でいいものを買ってきて正しい保存方法で保存していた場合は結構日持ちします。

【冷蔵保存期間】3~4日程度
正しい冷蔵保存を行った場合の保存可能な日数の目安です。状態や季節によっては1週間程度まで保存することも可能です。

【冷凍保存期間】1~2ヶ月
4日程度で使い切れない量だと思った場合は早めに冷凍保存しておくと腐らせずに最後まで食べきることができるでしょう。

◆ほうれん草の基礎知識
栄養素鉄分、β-カロチン、ビタミン、ミネラル、食物繊維
ほうれん草の効用貧血防止
便秘改善
主な調理法ほうれん草の白和え、おひたし、スープなど
保存期間冷蔵保存:3~4日程度
※状態によっては1週間程度
販売価格(一束当たり)90円~190円程度
ほうれん草旬の季節11~2月頃
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ほうれん草を買う時の選び方

店頭に並んでいるほうれん草を選ぶときは、下記を参考にしてください。

■ほうれん草の選び方
1.根っこの部分の切り口が枯れていないか確認することによって現在のほうれん草の鮮度状態がわかります。太く赤い根っこのものは栄養価が高いと思われます。
2.葉は緑の濃い綺麗な厚みのある葉のほうれん草を選ぶと状態が良い物が多い
3.ほうれん草は、時間が経過すればするほど葉の部分が黄色に変色してくるので変色しているほうれん草は避けてください。

STEP2 ほうれん草の冷蔵保存方法

ほうれん草を冷蔵保存する際にもっとも注意してほしいのが乾燥させないことです。
ほうれん草は乾燥にとても弱い野菜でそのまま冷蔵庫にいれておくと乾燥して葉の部分がすぐにしんなりなってしまいます。
正しいほうれん草の保存方法は下記を参考にしてください。

■冷蔵保存方法
1.買ってきたほうれん草をビニールからだして濡れた新聞紙で包みます
2.ビニール袋に入れてから冷蔵庫の野菜室に入れます。
3.保存する際には立てて保存するほうが、ほうれん草が畑にできている状態と同じ状態で保存しておいたほうが長持ちをしやすく栄養分が低下することを防ぐために有効だと言われています。

この方法で冷蔵保存した場合3~4日程度はおいしくほうれん草を食べることができます。

STEP3 ほうれん草の冷凍保存方法

ほうれん草は冷凍保存することで長期保存が可能になります。 冷凍ほうれん草は、解凍して味噌汁や炒め物など調理して使う場合はそのまま入れて使うこともできますし、おひたしに使う場合には、自然解凍すれば簡単に使えとても便利です。

ここでは簡単なアスパラガスの冷凍方法を紹介しておきます。

■冷凍保存方法
1.買ってきたほうれん草をさっとゆでてから冷水に取り水気を絞ります。
2.使う大きさに切り小分けします 3.ラップやフリーザーバックなどに入れ冷凍庫にいれて冷凍保存します。

※冷凍保存できる期間は大体1ヶ月程度で冷凍臭くなる前に食べてしまうと良いでしょう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>ほうれん草を長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP