ピーマン(パプリカ)を保存する際に注意する点とピーマン(パプリカ)の選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>ピーマン(パプリカ)を長持ちさせる保存方法

ピーマンを保存するときは水気に注意して保存するようにしましょう。
ピーマンに水分が付いた状態で冷蔵庫にいれておくとそこから傷んでしまいます。

また傷んだ状態のピーマンと一緒に保存すると状態の良いピーマンまで傷んでしまいますので傷んだピーマンがある場合は、優先して使うようにしましょう。

【ピーマンの冷蔵保存期間】約1週間程度
※2週間程度たっても食べることはできますが、保存期間が長くなればなるほど栄養・味・色味が低下していきます

【ピーマンの冷凍保存期間】1~2ヶ月
※ピーマンの食感が失われるので冷蔵保存で使い切れない場合にのみ冷凍保存したほうが良いでしょう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ピーマン(パプリカ)の冷蔵保存方法

冷蔵保存した場合のピーマンの保存期間の目安は1週間程度です。
2週間程度たっても食べることはできますが、保存期間が長くなればなるほど栄養・味・色味が低下していきます、状態をみながら早めに使うようにするといいでしょう
ピーマンの冷蔵保存する方法は下記を参考にしてください。

■冷蔵保存方法
1.ピーマンを冷蔵保存する際は、水気をしっかり拭き取ります
2.傷んでいる・変色しているピーマンがないか確認してください。
2.状態の良いピーマンをポリ袋に入れ野菜室に入れて保存しましょう。

※傷んだまま一緒にいれておくと他の傷んでいないピーマンの保存期間にも影響してきます。

STEP2 ピーマン(パプリカ)の冷凍保存方法

ピーマンを冷凍保存すると買ったばかりのピーマンの食感が失われるので炒め物などに活用することをおすすめします。
冷凍保存した場合のピーマンの保存期間の目安は1~2ヶ月程度です。
冷凍臭くなる前に使い切りましょう。

■冷凍保存方法
1.ピーマンを2等分もしくは4等分くらいに切ります
2.中のヘタ・綿・種の部分を取り除きます
3.水気をしっかりとってジップロックなどの密閉できる容器にいれて冷凍庫へ入れて冷凍保存

使用するときは解凍する必要はなく凍った状態のまま料理に合わせて適当な大きさにカットして使うことができます。

あわせて読みたい関連テーマ

ピーマン(パプリカ)の賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>ピーマン(パプリカ)を長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP