タマネギを保存する際に注意する点とタマネギの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>タマネギを長持ちさせる保存方法

タマネギは買ってきたままビニールにいれてキッチンの床等に置いておくと変色やカビが生えてしまいいざ調理しようとしたときに使えなくなってしまいます。 しかし、正しい保存方法で保存しておくと2ヶ月程度の長期期間の間変色やカビ等の発生をしないまま保存することができます。

【常温保存期間】1~2ヶ月程度
風邪通しの良い日の当たらないところに保存した場合

【冷凍保存期間】1~2ヶ月程度
タマネギは常温で保存ができるので冷凍する必要はあまりない場合が多い。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 タマネギの保存方法

タマネギの保存において一番気をつけておかなければならないことは湿度です。
たまねぎは湿度が高いと根っこがでてきたりカビが生えたりして本来の味を失ってしまい最終的には腐って食べることができなくなります。

■タマネギの保存方法
1.ミカン等の入っているネットにタマネギを入れる
2.日が当たらない風通しのよいところに吊るして保存する
たったこれだけで1~2ヶ月程度は保存が可能になります。

STEP2 タマネギの冷凍保存方法

調理の用途(カレーやシチューに使う場合)によっては、事前にみじん切りやスライスしてからキツネ色になるまで炒めてから冷凍しておいても後でばっちり使うことができます。

後々分けて使いやすいように小分けしてからラップやジップロックにいれてできる限り空気にふれない状態(空気に触れるからふれないかで劣化が早くなるかが決まります。)にしてから冷凍保存しておきましょう。
冷凍したタマネギの保存期間は、密閉状態によってまちまちですが、大体2~3ヶ月程度です。

冷凍臭さがなければ十分食べることができます。

※生のままスライスして冷凍保存しておきサラダとして食べようとしても細胞が壊れていてタマネギのシャキシャキ感は失われているのでサラダとして使う場合は、冷凍保存は向いていません。

あわせて読みたい関連テーマ

タマネギの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>タマネギを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP