一度挽いたコーヒー豆をを保存する際に注意する点と一度挽いたコーヒー豆をの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>一度挽いたコーヒー豆をを長持ちさせる保存方法

本来飲める量だけを挽くもしくは買ってきたほうが良いのですが、いつでも挽きたてのコーヒーを準備することはまず無理です。

そこで、挽いたコーヒー豆をできる限り美味しいまま保存する方法を紹介します。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 一度挽いたコーヒーの正しい保存方法

【準備する物】
◆密閉できる容器もしくはジップロック
◆挽いたばかりのコーヒー豆

■具体的な保存方法
1.密閉できる容器もしくはジップロックに小分けして入れて、できるだけ空気を抜いてから100g単位くらいで冷凍庫で保存してください。
2.冷凍したコーヒー豆を解凍するときは、自然解凍で室温に戻るまで蓋を開けずに水滴をできる限りつけないようにしましょう。
※コーヒー豆は湿気にとても弱いので冷蔵庫に入れたり湿気の多い場所での保存は厳禁です。

STEP2 挽いたコーヒーの保存期間

■挽いたコーヒーの冷凍保存期間
本来の旨みを大切にするなら10~20日程度です、それ以上は本来の旨みを失ってしまいます。
※最低でも1ヶ月以内で飲める量を買ってくるように心がけましょう。

コーヒー豆は挽いた時点で劣化が始まっているので長期保存には、基本的に向いていないのであくまでできる限りおいしい状態を維持する方法ですのでできれば必要量をその都度挽いて飲むことをおすすめ。

STEP3 コーヒーを買うときは豆?粉?どちらがおすすめ?

■コーヒー豆で買う場合
保存期間が長く家庭用ミルを準備しておいて自分で都度挽く必要があるので手間がかかる反面コーヒーの本来の旨みを劣化させることなく楽しむことができます。

■店で挽いてもらった粉を買う場合
自分で挽く手間がかからないのですぐ飲める反面すぐに冷凍保存しても保存期間も短く本来の旨みを損なう場合がある。

どちらを選んでもメリット・デメリットがあるので自分がどの部分は譲れないのかを決めてから買うのがいいでしょう。
手間がかかっても旨みを重視するなら豆、手間を省きたいなら粉を買うことをおすすめします。

あわせて読みたい関連テーマ

一度挽いたコーヒー豆賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>一度挽いたコーヒー豆をを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP