簡単な再生栽培で食費を減らす裏技を掲載

快適節約収入生活食費節約 >野菜の再生栽培方法

「小ネギ」や「かいわれ大根」の余った根っこは、家庭にあるコップもしくは100円ショップで売られているコップ等を使えば捨てずに簡単に再生栽培で育てることができます。

本格的な水栽培とは違い、家庭でできる再生栽培は、ほぼ0円からスタートできる簡単再生栽培で買った野菜を2倍の量食べることができ食費節約にもなります。
自宅でちょっとした野菜を育てる楽しみを得ることもできますぜひ自宅で挑戦してみてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 再生栽培できる野菜について

・小ネギ[再生栽培の定番]
・水菜[サラダや鍋の定番食材]
・豆苗[栄養価たっぷりの野菜]
・小松菜
・チンゲン菜
・かいわれ大根
・三つ葉

上記の野菜が主に再生栽培が簡単にできると言われているものです。
是非チャレンジしてみてください。

STEP2 再生栽培の方法

【準備する物】
◆「小ネギ」「かいわれ大根」「三つ葉」などの新鮮な再生したい葉物野菜
◆コップもしくは小さめの空き瓶など

【手順】
1.再生栽培自体は非常に簡単やり方でスーパー等で買ってきた再生させたい野菜の根っこの部分だけ残して包丁で綺麗に切ります。
※葉物は根っこの部分だけで残して切るのではなく、葉の部分を外からとって中心部分の葉を残したほうが育ちやすい
2.根元をコップやマグカップ等に入れて根元の半分くらいまで浸かるくらいの水を入れておいて日の当たる場所に置いておく
3.再生栽培で注意することは、根っこが腐りやすいので毎日必ず水を変えてあげてください、その際根っこの部分のヌメりを手で軽くとってあげると腐りにくくなります。
4.成長したら収穫して再生栽培完了です。

たったこれだけの方法で、買ってきた野菜を2倍の量食べることができ食費節約につながります。

STEP3 再生栽培できる回数

再生栽培は、基本的
根っこの養分を吸って成長するので1回再生すると2回目以降の再生はうまくいかないことが多い

です。
再生できても細かったり小さかったりと綺麗な再生は難しいでしょう。

もし何度も再生させたい場合は、根っこの部分を鉢植えに植えて上手に根付かせれば土からの養分を吸い取って2回目以降の再生することが可能になります。

スポンサードリンク

快適節約収入生活食費節約 >野菜の再生栽培方法

↑ PAGE TOP