お風呂でのシャワー等の水道代を減らす裏技・節約技を掲載

快適節約収入生活水道代節約 >お風呂での水道代節約

ここでは一般家庭における水道代の大半を占めるお風呂の水道代を少しでも減らす方法を掲載しています。

毎日家族全員が入るお風呂だからこそ協力とちょっとした気遣いで大幅に水道代とガス代を軽減することも可能です。
是非参考にして環境のためにも節水に努めてみてください
スポンサードリンク

お風呂の水道代節約

STEP1 シャワーにかかる水道代について
節約効果:一日1分~3分止めると2円~7円の節約となり家族が多い家庭では年間で通すと意外と大きな節約効果が期待できる
STEP2 風呂の水の再利用方法
節約効果:バスタブには約200リットルほど入っており約50円の水道代が必要となっている
STEP3 シャワーの節水方法
節約効果:水道代が約50%カット可能な場合もあるので家族が多い場合月数千円の節約効果も期待できる
STEP4 湯船を少ない水で多くする方法
節約効果:一日10㍑の水を減らせると月で300㍑金額で言うと約80円ほどの節約が可能
スポンサードリンク

STEP1 シャワーにかかる水道代について

せっかく湯船を貯めているにもかかわらずシャワーを併用して使っている人は水道代とガス代をかなり多く出費しているかもしれません。

シャワーは最後の仕上げに流すのみだけに使用してシャワー時間を1分でも2分でも短くすると年間でみると大きな節約につながります。
また湯船を貯めないでシャワーのみで入る方も体などを洗っている際にはかならず毎回水を止める習慣をつけると水道代節約することが可能となります。

1年間で毎日一人2分程度シャワー使用時間を減らした場合家族3人ならなら約4000円の節約になります。

STEP2 風呂の水の再利用方法

お風呂の残り湯は、捨てずに再利用できるものには最大限活用してしっかりと節水してみてください。
一般的なバスタブには200リットル前後の水が溜まっている状態です、お風呂で多く使ったとしても残り湯は100リットル前後残っている場合が多いはずこれを捨てずに再利用するのです。

具体的な再利用方法
1.洗濯するときに残り湯を使う
2.ガーデニング等に使う
3.洗車に使う
4.窓拭きや床拭きなどに使う

など様々な使い道がありますのでしっかりと活用してみてください。

STEP3 シャワーの節水方法

ホームセンターなどでも売られているシャワーの水圧を変えずに水量を約50%に節約することの出来るシャワーのヘッドなどの節水グッズをしっかりと活用すると節水効果抜群です。

取り付けはほとんどのシャワーヘッドに取り付けが可能で簡単に取り付けをすることができますので一度取り付けが可能か確認してから購入をしてみると特に何もすることなく水道代を減らすことができるようになります。
ホームセンター等で買わずにネットでの購入を考えている方はこちらのページを覗いてみてください【節水シャワーヘッド 】結構多くの企業が様々な種類を販売しています。

STEP4 湯船を少ない水で多くする方法

湯船を少ない水で多くする方法は簡単でペットボトルを湯船に入れるだけで可能ですたったのこれだけで水道代&ガス代とかなり効果があります。
具体的な方法としては、2㍑くらいのペットボトルに水を入れ湯船に入れておいた状態で風呂水を入れるだけです。
2㍑前後のペットボトルを3~5本ほど入れておくとこれだけで一日10㍑前後の水が節約可能です。
簡単なので手間が掛からないおすすめの節約方法です。

また家族で入ると水が少なくても、二人で入れば肩ぐらいまで水がありガス代も節約できます。
子供と一緒に入るなどの工夫をすれば追い焚きの必要もなくなり水道代及びガス代両方の節約になります。

スポンサードリンク

快適節約収入生活水道代節約 >お風呂での水道代節約

↑ PAGE TOP