保険契約内容の見直しについて掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>保険契約内容の見直し
任意保険はネットで契約すると安く済ませることが出来ます。
保険の更新もネットで出来るところもあり、詳細な契約内容の変更もネットですべて出来ます。
また、ネット保険の場合は大抵、契約更新の度に図書カード500円分を貰えることが多いので、少しお得です。

家族や親戚に等級が高い人がいる場合、等級を引き継ぐという方法が一番安くする効果は大きいです。
また、自分が勤めている会社を通して契約することが出来る保険会社の場合はさらに団体割引も効きますのでさらに安く済ませることも可能です。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 保険契約の注意点

保険契約の際に注意すべきポイントは、保険の補償範囲と特約について、自分が何をどの程度必要とするかを考慮して、プランをしっかり選ぶことです。
その車を運転する可能性のあるドライバーの年齢、家族以外が運転するかどうか等も考える必要があります。

また、JAFに加入していない人でもロードサービス特約をつけることで、十分なサービスを受けることは可能です。
注意すべき点はJAFなどと比較するとロードサービスで牽引してくれる距離が短かったり、ホテル代等の特約が付帯していなかったりすることです。

また、JAFは専用工場を持っているため、時間帯に関わらず迅速な対応をしてもらえますが、保険会社の場合は修理工場や近くの修理できるGSなどを探さなければならないため、夜間や早朝にはロードサービスや修理がスムーズにいかないこともありますので、そちらはサービスの質も考慮して検討してみてください。
保険料金を安くするためには、代車特約の見直しをすることも大事です。

代車特約には代車の車両ランクによって価格が異なり、コンパクトカーでも問題なければ安く済ませることが出来るため、見直すのもお勧めです。
月々で見ると数百円単位の違いとなりますが、年間で考えると結構な額になりますので、保険内容の見直しをすることは大事です。

STEP2 通販型自動車保険の特徴と方法

自動車保険はどこで契約していますか?
今回は自動車保険を見直して、大幅に保険料を節約する為のポイントをご紹介していきたいと思います。

新車購入購入時等、代理店型の契約をしている方が多いのではないでしょうか?
テレビコマーシャル等で頻繁に宣伝されている「通信販売の自動車保険」で契約することで大幅に節約する場合もあります。

通販型の自動車保険は、インターネット上で保険契約を進めていくので、いわゆる「人の手」がかからないため、人件費も掛からない為安くできるのです。
まずは今乗っている車の車検証と、加入している自動車保険の保険証券をお手元に用意しましょう。
車の情報と個人の情報をネット上で入力した後は、保険の条件を考えていきます。

年齢条件は「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」といった条件で設定されますので、乗車する人の最低年齢を入力します。年齢が上がると保険料がやすくなります。
また、運転者の範囲には「本人限定」「本人・配偶者限定」「家族限定」といった種類があり、範囲が狭いほど保険料は安くなります。
いまは子供が乗らない等「本人・配偶者限定」などに変更すれば、より保険料を抑えることが出来ます。

ただし、自動車保険会社により条件が異なり限定方法が違ってきますので注意が必要です。
免許の色も割引対象です。
一般的にゴールド免許保持者は事故を起こす確率が低いと判断され、ゴールド免許割引が適用されます。
いまでは新車に対する割引や、低燃費のハイブリット車に対する割引もあります。

人に対する補償は無制限が必要ですが、物損に対する補償は無制限にかける必要が無い場合もあります。
事故の相手が超高級外車の場合別ですが、1000万~3000万の補償があれば事足りるのではないでしょうか。
ここも節約のポイントとなります。

ほとんどの自動車保険にはロードサービスが付加されています。
・レッカーサービス
・キー閉じ込みの開錠
・ガス欠時のガソリン補給
・タイヤパンク時のスペアタイヤ交換
・脱輪のレッカー引き上げ
・バッテリー上がり
・帰宅手段・臨時宿泊費負担

STEP3 通販型自動車保険の注意点

ダイレクト型の自動車保険では、補償内容を担当者と相談しながら決めることができません。
契約手続きや補償内容を自分で決めていく必要があり契約者自身が行う手続きが増える傾向があります。
その分数万円も保険料が安くなるケースが多々あるのです。
※様々な手続きが面倒だ、分からないという方は、通販型自動車保険は避けた方が良いかもしれません。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>保険契約内容の見直し

↑ PAGE TOP