軽自動車にかかる税について掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>軽自動車にかかる税
軽自動車にかかる税は安いって言われているけれど、実際どれくらい掛かるか疑問な方も多いかと思います。
そこでここでは、軽自動車にかかる税はどの程度のものなのかまとめてみました。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 軽自動車税

乗用車の「自動車税」にあたるもので、軽自動車では「軽自動車税」となります。

軽自動車税は、国内で軽自動車を所有している上で必須の税金となります。
軽自動車税の額としては現時点では7200円/年間です。
ただし2015年4月1日以降は、法制度の変更により10800円/年間に増額されます。p

ちなみに乗用車の自動車税の場合は、排気量に応じて価格が変わり、例えば1.5~2リッターの車であれば39500円/年間掛かります。
乗用車と比べるとまだまだ格安です。

STEP2 自動車重量税

重量税は車検毎に徴収される税です。
軽自動車を所有しているだけで、車検を通さなければ発生しません。(勿論その場合公道は走れませんが)

重量税の金額としては現時点で3700円/年間です。
乗用車の場合は車両重量によって額が変わっていきますが、軽自動車の場合はたとえ重量が重くとも一律料金です。

STEP3 自賠責保険

自賠責保険は事故を起こした際の損害を補填する為の保険で車を所有している方は、強制的な加入が必要となる保険です。
金額としては軽自動車の場合、16350円/年間です。
※本土と離島により額は多少変わってきます。

STEP4 任意保険

任意保険は、自賠責保険とは別に事故の際の損害を補填する為の保険です。

加入は任意となり強制ではありませんが、自損事後など自賠責保険ではカバーできない部分まで保険が効くので基本的には加入する保険です。
任意保険は、保険サービスの種類や契約期間により額が変わってきます。
また車種によっても細かく設定されています。

高額な車種、年式の新しい車種、スポーツカーなど事故率の高い車種は高額に設定されている傾向があります。
ですので一律化はできませんが、目安としては軽自動車であれば40000円前後/年間くらいになるでしょう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>軽自動車にかかる税

↑ PAGE TOP