事故・トラブル時の対応について掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>事故・トラブル時の対応

いくら自分が注意しても自動車事故、人身事故に巻き込まれる可能性が100%ないなんてことはありません。
ここではそういった自動車関連の事故・トラブル対応について掲載しています、もし事故を起こしたときにどのように対応したら良いのか参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 車と車の事故について

車と車の事故対応
①人命が第一なので相手方の怪我の状態をみて怪我の状態によっては救急車を優先して119番に連絡します。
②自動車を運転中に相手の車にぶつけてしまった場合はすぐに車を通行の妨げにならない場所へ移動します。
※よくそのままにしておく光景を見ますが車が動かないくらい損傷を受けているなら別ですが2次災害を防ぐ為にも周りの状況を考えます。
③警察への連絡は、基本的にぶつけた加害者の方がします。
④任意保険に加入しているなら損保会社に連絡を入れます。

上記の順番を最優先として事故対応していきましょう。
パニックにならずにまずは、人命第一と2次災害を防ぐことを最低限頭に入れ対応してください。

STEP2 事故を起こした時の対処の仕方

最寄りの警察署の電話番号が分からない時はまず110番です。
住所を聞かれますので分かる範囲を教えます。
県名、市名は勿論ですが詳しい住所が不明の時は国道や店舗なども探す手掛かりになります。
数分でパトカーが来ますのでそれまでは停車板を置いたり安全に待ちましょう。
相手の方が怪我をしていたら119番です。
大けがならば人命が第一なので警察よりも救急車を優先に連絡します。
出血などしている場合は出来る限りの手当てが必要ですし意識がないようなら動かさず声掛けだけでもしてあげましょう。

STEP3 事故を起こした時の注意点

停車や駐車している車にぶつけてしまった時は過失は100%自分にありますが少しでも相手方が動いていたなら過失はお互いにある事になります。
そんな時警察沙汰が嫌だから呼ばないでくれと相手に言われても必ず呼びましょう。
病院にかかったから治療代、修理代が欲しいとか後日言われても事故証明を取っていないと保険は支払われません。
結果トラブルの元になり取り返しがつかない事になりかねません。
お互いに過失がある場合は損保会社が過失割合を決定するので正直に事故の状況を説明する必要があります。
お互いが相手を攻め合い一歩も引かない時もあります。
警察は事故証明の発行をするだけで終われば仲介には入りません。
ここからは民事になるので介入出来ないのです。
すべて損保会社にゆだねる事になります。
示談は決してしないようにしましょう保険金が支払われなくなります。
事故を起こすと大抵はパニックになりどうしていいか分からなくなります。
まず落ち着いて相手方へ心遣いや誠意を表しましょう。
どんなに小さな事故でもその場を走り去ってはいけません。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>事故・トラブル時の対応

↑ PAGE TOP