維持費の安い自動車について掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>維持費の安い自動車

維持費が安く上がるカテゴリーとしては、まず軽自動車がその最たるものとして挙げられます。
次に挙げられるカテゴリーとして、国産コンパクトカーが挙げられます。

ここでは維持費の安い車について掲載していますので参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 軽自動車の特徴

◆軽自動車の税金
前述したように普通車よりも自動車税が安い事や、重量税が安い事が挙げられます。
特に、長期間に渡って所有し続ける場合、税金の差は無視出来ないものになります。

◆軽自動車は低燃費で経済性が高い
ハッチバック系の一部の車種は、ハイブリッド車並みの燃費を誇るので、ガソリン代を少しでも抑えたい場合は、そうした車種を選ぶと良いでしょう。

◆軽自動車は消耗品
軽自動車は、部品代が安いのもメリットです。
例えば、タイヤに関しても、軽自動車は小径で細いタイヤを履いているので、交換する場合もコストが安く上がります。

STEP2 国産コンパクトカーの特徴

◆国産コンパクトカー概要
軽自動車以外では維持費の安いカテゴリーの代表格として挙げられるのが国産コンパクトカーです。
税制面で優遇されている軽自動車ほどではないものの、税金も相対的に低目に抑えられています。
特に重量税を気にする場合は、車両重量が1トン未満の車種を選べば、この面での税金を低く抑える事が出来ます。

◆国産コンパクトカー燃費
燃費性能の面でも、特に国産コンパクトカーの場合は、軽自動車に迫る数値を備えています。
輸入コンパクトカーにも、燃費の良い車種はありますが、全般的には国産車よりも少し劣る傾向があります。

◆国産コンパクトカーの消耗品
部品代の面では、国産コンパクトカーならば十分に安価ですが、注意したいのが輸入車の場合は、国産車の2倍前後するケースも多いようです。
ですから、維持費優先でコンパクトカーを選ぶのなら、国産車を選んだ方が無難です。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>維持費の安い自動車

↑ PAGE TOP