新車値引きの実践について掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>新車値引きの実践
これまでに2度新車を購入しましたが2度とも値引きに成功しました。

欲しい車を1台に固執して選ぶよりも、第2希望まで決めておきメーカーが異なるときは、それぞれのディーラーで見積もりを取ってもらいます。

このときは、値引きについてこちらからは一切話を出さず、ディーラー側の動きを見ておきます。
軽自動車か普通乗用車かにも値引き率は変わりますが、軽自動車の場合は値引き率は低いです。

値引き後の普通自動車だと、トータルで軽自動車を購入したときよりもリーズナルブルに購入できるかと思います。
スポンサードリンク

STEP1 新車値引きの実践

まず、見積もりをそれぞれのディーラーで出してもらったら、オプションは別料金か入っているかで見比べます。
この段階で、どのくらいの値引きがあるか聞き出します。店長さんか所長さんに聞くのが一番ベストです。
初めから値引きしないと断言されてしまったら、他に相談してみます、と一旦引き上げることです。
あくまで、値引きしてくれるディーラーに決めます、というのをアピールします。

このオプション料金が大きく左右されるので注意です。
欲しい車の車種を変えたくない場合の値引き交渉例を挙げます。
フォグランプやオーディオ、ナビゲーションなどが料金に含まれている場合、すべて外してもらい車両本体の価格で考えます。
そして、「これだけはつけて欲しいのでサービスでつけてくれたら、この車に決めます。」とはっきり意思表示をします。

この方法で、私の場合はスタッドレスタイヤ(ホイール無し)とオーディオ、フロアマット、ドアバイザーがサービスで付きました。
20~30万の値引きとなった訳です。他にメーカーによって、値引き幅がある車とそうでない車があるので思い切って聞いてみる事です。
車種にこだわらない方なら、全てのオプションをつけてもらい現金でいくらまで値引くのか相談します。他の車種と悩んでるのでと意思表示します。
値引きに成功すると思います。ただ、メーカーによっては全く値引きしない場合もあるので、必ず2か所以上のディーラーで見積もりは取ってもらいましょう。
同じメーカー扱いのお店でも値引き率やサービスは違ってくるのでかけひきが大事ですが、今後のアフターフォローも期待して、親身に相談に乗ってくれるお店がおすすめです。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>新車値引きの実践

↑ PAGE TOP