ドライブレコーダーの必要性について掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>ドライブレコーダーの必要性
ドライブレコーダーとは、自動車に設置して運転時の状況を映像や音声で記録するための装置です。

運転中の様子を動画で撮影えしておくことができるので、旅の思い出づくりや運転技術の確認、万一の時の証拠保全などに役立つ便利な機械です。

以前は本体価格も効果で記録時間も短く、タクシーなど一部の業務用車両の身にしか普及していませんでしたが、最近は本体の小型化と低価格化のおかげで自家用車への普及も進んでいます。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ドライブレコーダーのメリット

ドライブレコーダーを設置する一番のメリットは、交通事故発生時に証拠となる動画が撮影できることです。

交通事故処理では、当事者同士の意見が食い違うケースが珍しくありません。
自分の責任を軽くしようと嘘をつかれてしまう場合もありますし、事故時の混乱で記憶があいまいになってしまうこともあります。
交通事故の目撃者がいれば証言してもらうことも可能ですが、誰も目撃者しかいない場合は話の食い違いう当事者同士の意見をもとに事故処理を勧めなければならず、処理が長期化してしまいます。
ドライブレコーダーを設置して動画を撮影しておけば、後から事故時の様子を動画で確認することができますから、客観的な証拠として活用することができます。
交通事故を正しく記録しておけば、悪意ある相手に身に覚えのない罪をなすりつけられてしまうような事態も防げます。

STEP2 ドライブレコーダー使用時の注意点

ドライブレコーダーと一口に言っても色々な種類があり、本体の大きさや記録時間、撮影可能な画質などは大きく異なります。

あまり安い製品を購入してしまうと、画質が悪く肝心の映像が不鮮明だったり記録時間が短すぎて肝心のシーンが撮影できていないといった失敗をしてしまう可能性があります。
購入する時は性能をチェックし、使用目的に合致しているのかを確認しましょう。

ドライブレコーダーの取り付けは個人でもできますが、正しい設置方法で取り付けないと走行時の振動で画面がブレブレの見るに堪えない映像になったり、きちんと前方が撮影できないことがあります。
ドライブレコーダーを取り付けたら何度かテストをして、満足のいく映像が取れるように調整しましょう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>ドライブレコーダーの必要性

↑ PAGE TOP