バッテリーの交換時期・手順について掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>バッテリーの交換時期・手順
あれ?なんだかエンジンのかかりが悪いな…。点検したらバッテリーが弱ってる言って言われたけど…。
車のバッテリーの交換時期ってどのくらい?
どんな症状が出たら交換したほうがいいの?
バッテリーの交換作業は意外と簡単です。
バッテリーのSOSを感じ取ったら、自分で交換してみましょう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 バッテリーの交換時期

バッテリーの交換時期に関しては一般的には2~3年と言われていますが、車の使い方によるので一概には言えません。
長期間エンジンをかけずに放置していると、バッテリーが放電してしまい極端に寿命が縮まります。
サンデードライバーの方や、月に数回しか車のエンジンをかけないという方は注意したほうがよいでしょう。
以下のような症状が出たら交換時期に来ているかもしれませんので、バッテリーの点検をおすすめします。

・車のエンジンをかけるとき、エンジンがかかりにくくなった。
・パワーウィンドウの動きが鈍い
・ヘッドライドが暗い
・バッテリーが上がったことがある

STEP2 バッテリー交換の手順

バッテリーを交換する時は、エンジンを切って行います。
安全のためと汚れ防止の為に、軍手をして作業をしましょう。
手順を守って行わないと危険なので、必ず手順にそって作業してください。

①バッテリーを固定するステイがついている場合には、まずステイを外します。
②次にターミナルを外します。
③赤いカバーがついているのが+(プラス)ターミナル、ついていないのが-(マイナス)ターミナルです。
④ショートを防ぐために、必ずマイナスターミナルから外します。
⑤ターミナルを両方外したら、バッテリー本体を車から取り外します。
⑥向きに注意しながら、新品のバッテリーを置きます。
⑦ステイがある場合は、ステイを取り付けてバッテリーを固定します。
⑧次にターミナルを取り付けますが、このときプラスとマイナスを間違えないように十分注意してください。
⑨ターミナルを取りつける時は必ず、プラスターミナルから取り付けます。
⑩ぐっと奥までしっかり押し込んでから固定しましょう。
⑪両方のターミナルを取り付けたら交換は完了です。

※基本的には簡単な作業ですが、どうしても不安な場合はカーディーラーやカーショップに頼んで作業してもらいましょう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>バッテリーの交換時期・手順

↑ PAGE TOP