ロードサービスを安くする方法について掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>ロードサービスを安くする方法
自動車を運転していると、ガソリン切れを起こしたり脱輪してしまったり故障して動かなくなったり、いろいろなトラブルに見舞われることがあります。
そんなときでもロードサービスに加入しているとご連絡したら、全国にたくさんあるロードサービス拠点からすぐに作業スタッフさんが駆け付けてくれて解決してくれるのが最大のメリットです。
一人ではどうしようもない状態でも専門の知識と技術を持った作業スタッフさんが、設備が整っている作業車で来てくれるので安心です。

自力走行できないくらい自動車が壊れてしまっても、修理工場やご自宅までレッカーで牽引して貰えます。
場所がどこか分からなくてもケータイやスマートフォンに付いているGPS機能で正しい場所をご連絡することが出来ます。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 ロードサービスの料金を安くするには

ロードサービスには有料と無料の大まかに分けて2タイプがあります。

有料で代表的な存在なのがJAFで、万が一の時は来てくれた作業スタッフさんに会員証を提示するとロードサービスをご利用できますが、会費をお支払いしないといけないです。

無料のロードサービスはクレジットカードや自動車保険に付帯されているのが一般的です。
クレジットカードを作成する時や自動車保険に加入する時にロードサービス付のものを選べば、有料のロードサービスの料金をお支払いせずに済みます。
既にロードサービス付のクレジットカードを持っている、自動車保険に加入している方は新たに有料のロードサービスに入会する必要はないです。

STEP2 無料のロードサービスの注意点

クレジットカードの場合はカードの年会費またはロードサービス年会費が発生することがあります。

初年度カード年会費無料で、ロードサービス年会費無料のクレジットカードならあります。
自動車保険の場合はロードサービスの料金が予め保険料に含まれています。
全く無料でロードサービスをご利用すると言うのは難しいのですが、有料のロードサービスに入会するよりはお得です。

日常の移動程度の用途なら専門業者に加入する必要はありません。
カード会社や保険会社により違いがあるので、加入する前にしっかり確認しておきましょう。
サービスに満足できない場合は二つとも加入しておくのも良いです。

それでも安心できない方は専門業者への加入をお勧めします。

STEP3 クレジットカード型の特徴は

主にガソリンスタンドが提携しているサービスです。
1.年間費・入会金が安い(無料のカードもある)
2.同乗・他名義の車でも使える場合が多い
3.提携ガソリンスタンドなら給油が安くなる
4.加入してもカードを所持していないと利用できない
5.業者により設備や技術に違いがある

STEP4 自動車保険型の特徴は

保険会社の付属として加入できるサービスです。
1.年間費・入会金は無料
2.保険契約の内容に付属されている
3.保険料事態が高額な場合もある
4.加入している車両に限定される
5.業者により設備や技術に違いがある

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>ロードサービスを安くする方法

↑ PAGE TOP