燃費が良くなるコツについて掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>燃費が良くなるコツ
単純に燃費をよくするためだけなら一番はやはり今は、やはりエコカーに乗り換えることです。
しかし買い替えはそんな簡単なものではありませんしハイブリット車は高額なものも多いです。
では既存の車で燃費を向上させるにはどうすればいいのか?
ここでは現在の車の燃費を向上させる簡単なコツについて掲載していますので参考にしてください。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 アイドリングを減らす

タクシーの運転手さんやバスの運転手さんの多くが行っている方法であるが、信号待ちなどで長い時間停車の際にはギアをニュートラルに入れ、サイドブレーキを引き、エンジンを切ってしまうのだ。
これはマニュアル・オートマチック、関係なく実行できる燃費向上の方法である。
現在の車にはアイドリングストップ機能がついた車も多いので買い替えの際はそういった点を考慮して買い換えても良いでしょう

STEP2 オイル関連のメンテンナンス

燃費を向上させるならオイル関係のメンテナンスも不可欠である。
まずエンジンオイルですが、自動車にとってみれば、血液によくたとえられるほど重要なものである。
柔らかめのオイル(0wなどの規格のもの)を使用し、できれば100パーセント化学合成油が望ましい。
エンジンの始動性が良くなり、加速が滑らかになることで、アクセルをそれほど踏まなくてもスムーズに加速できるようになる。
鉱物油、部分合成油、化学合成油の3種類があるが、耐久性を考えた場合価格にもよるが化学合成油が望ましい。

つぎにミッションオイル(ギアオイル)の交換も重要である。
エンジンオイルさえ換えておけばという人は少なくないが、大きな過ちである。
オイル(油)である以上劣化するし、摩耗によりオイル内にスラッジが発生もしているからである。
より滑らかにギアを回せるということは、これまた加速がスムーズになるということでもある。

エンジンオイルであれば5000キロを目安に、ミッションオイルであれば30000キロを目安に交換したい。

STEP3 エコタイヤへの交換

エコタイヤは各社それぞれに、様々な価格帯の製品が発売されている。
確かに転がり抵抗の改善により燃費は伸びるが、やはり同程度の性能を持つノーマルタイヤに比べれば割高となる。
また、ウエット面やコーナリング、ブレーキ時には、若干の不安が付きまとう。
エコタイヤも年々改善されてきてはいるが。
目先の広告にだけで購入するのではなく、しっかりとエコタイヤとノーマルタイヤでの2年後3年後のコストパフォーマンスを見据えて買い替えよう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>燃費が良くなるコツ

↑ PAGE TOP