車の任意保険についてについて掲載

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>車の任意保険について
自動車保険には強制的に加入が義務付けられている自賠責保険と、任意で加入できる任意保険の大まかに分けて2種類があります。

自賠責保険は死亡による損害は3000万円まで、傷害による損害は120万円まで、後遺障害による損害は傷害の程度に応じて75万円から4000万円までと限度額が設けられています。
これを超える損害については自己負担しないといけないです。
最近では億を超えるような損害金の裁判事例もあり、万が一のことを考えると任意保険にも加入しておいた方が安心です。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 任意保険の特徴

任意保険は自賠責保険だけでは賄いきれない部分を補償する役割があります。
基本的に対人も対物も無制限にして加入します。
基本の契約に加えていろいろな特約を付加させることが可能です。
特約を付加させていくと充実した補償が受けられますが、付加させすぎると保険料が割高になってしまいます。
補償内容と保険料のバランスを考えることが大切です。

STEP2 任意保険の保険料を安くするには

任意保険を提供している保険会社によって保険料はまちまちです。

同じ補償内容でも保険料が高かったり安かったり差が出ることが多いので、まずはお見積もりを取って比較することが保険料を安くするポイントです。

保険会社には代理店型と通販型の2タイプがあります。
代理店型はお近くの代理店で保険のプロとご相談しながら補償内容をピッタリにできるメリットがあります。

通販型は店舗を持たずに営業しているので直接保険のプロとご相談することが出来ないですが、代理店型より経費が掛からないので保険料が安い事が多いのが魅力です。
通販型はインターネットでいつでも都合の良いタイミングでお見積もりを依頼したり加入することが出来ます。

最近では自動車保険一括見積サイトが開設されており、あちこちの保険会社のホームページでお見積もりを依頼せずに一つのサイトでまとめて取り寄せることが可能です。
あとは届いたお見積もりを比較して一番保険料が安かったところに決めるだけです。

スポンサードリンク

快適節約収入生活車の維持・購入費の節約>車の任意保険について

↑ PAGE TOP