イカを保存する際に注意する点とイカの選び方について掲載

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>イカの保存方法

イカの繊維はとても繊細で、水分が少ないので非常に冷凍に向いています。
新鮮な状態で冷凍すれば、品質低下は殆どなく刺身でも食べられます。
イカは脂肪が少ないので、再冷凍しても味を損なうことはありませんが、早めに食べた方が美味しく頂けます。
イカを湯通ししてから冷凍保存するという方もいらっしゃいますが、解凍して再加熱すると身が硬くなってしまうので、生のままで冷凍するのがお勧めです。
また、大きいイカに場合には、吸盤に硬い部分があったりするので、そこは包丁の背でこそげ落とすようにすると良いです。

【イカの冷蔵保存期間】2~3日程度
【イカの冷凍保存期間】2~3週間程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 イカの冷蔵保存方法

購入した際にイカの保存時に一番注意すべき点は、腐りやすいワタを早めに取り除くということです。
ここでは鮮度の落ちやすいイカの保存方法について紹介します。

■イカの冷蔵保存方法
①買ってきたらトレーから早目に出します
②捌いて下処理をします
③ワタ、脚など部位ごとに分けてラップで包みます
④冷蔵庫にて冷蔵保存します

■イカの冷蔵保存可能期間
・イカの冷蔵保存期間:2~3日程度

STEP2 イカの冷凍保存方法

イカの繊維はとても繊細で、水分が少ないので非常に冷凍に向いています。
新鮮な状態で冷凍すれば、品質低下は殆どなく刺身でも食べられます。
イカは脂肪が少ないので再冷凍しても味を損なうことはありませんが、早めに食べた方が美味しく頂けます。

■イカの冷凍保存方法
①買ってきたらトレーから早目に出します
②捌いて下処理をします
③軟骨を剥がし、墨袋や嘴を取り除きます
④よく洗ってペーパータオルで水けを取り
⑤ワタ、脚など部位ごとに分けてラップ・フリーザーバックで包みます
⑥冷凍庫にて冷凍保存します

■イカの冷凍保存可能期間
・イカの冷凍保存期間:2~3週間程度

STEP3 鮮度の良いイカの見分け方

水揚げしたばかりのイカは、体が透明で斑点が黒に近い濃い茶色をしていますが、時間の経過とともに体全体が茶褐色そして乳白色に変わっていきます。
この色の変化が鮮度の目安となります。
■鮮度の良いイカの見分け方
①身が半透明の黒褐色であること全体的に瑞々しさがある
②張りがあり弾力もある
③胴体の真ん中がへたっていないこと目が黒く澄んでいて、はっきりとしていて高く盛り上がている

上記のことを念頭にいれて、鮮度の良いイカを選びましょう。

スポンサードリンク

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>イカの保存方法

↑ PAGE TOP