アサリを保存する際に注意する点とアサリの選び方について掲載

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>アサリの保存方法

殻付きのアサリは、必ず生きているものを調理した方が良いです。
死んでいるものは、殻が閉じている開きません、いつ死んだのかわからないので、中で腐っていることもあります。
貝類で食あたりをすると、症状が重くなるので注意しましょう。
ここではアサリの下処理と保存方法について紹介していますので参考にしてください。

【アサリの冷蔵保存期間】2~3日程度
【アサリの冷凍保存期間】2~3週間程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 アサリの砂出し方法

アサリを買ってきたら、まず砂出しをします。
砂出しを上手にしておかないと食べた時に砂を食べてしまいジャリジャリとした食感が本来の旨みを低下させてしまいます。

■アサリの砂出し方法
①網かスノコをボールの中に入れます
②網もしくはスノコの上にアサリを置きます
③海水と同程度の濃さの塩水に浸けます
④アサリは空気を吸って活動しますので、密封はしないようにしましょう
⑤砂出しの間は活発に活動している方が良いので室温に置きます
※スノコをしておくと、出した砂を再び吸い込んでしまうのを防げますが、無くても大丈夫です。

砂出し済みのアサリも売っていますが、砂出しをしたほうが良いのか迷うならば砂出しした方が良いと思います。
調理前には塩水を吐かせるために網の上にしばらく置いてから、殻などに付いたゴミを真水でよく落としましょう。

STEP2 アサリの冷蔵保存方法

砂出しが終わったらアサリは冷蔵保存して保存しておくと数日は生きたまま保存が可能となります。

■アサリの冷蔵保存方法
①砂出し後に砂やゴミの出た汚れた塩水を捨てます
②新しい塩水に入れ替えてボールごと冷蔵庫に入れます
③毎日まめに塩水を入れ替えてください

■アサリの冷蔵保存可能期間
・アサリの冷蔵保存期間:2~3日程度
※生きている間はそのまま冷蔵庫で保存できますが、古くなれば味も落ちますし死んでしまい食べれなくなるので食べきれない場合は、早めに冷凍保存に切り替えてください。

STEP3 アサリの冷凍保存方法

殻付きのアサリは、必ず生きている間に調理した方が良いです。
死んでしまい閉じている貝は、いつ死んだのかわからないので中で腐っていることもあります。
すぐに食べない場合は、砂出しが終わったら塩水を吐かせて真水で洗い冷凍保存しましょう。

■アサリの冷凍保存方法
①砂出しをしっかりしたら真水で綺麗に洗います
②洗ったアサリと真水を冷凍保存袋に入れます
③真水の量はアサリが全て水に浸かるギリギリ程度です
④真水ごとアサリを冷凍します

■アサリの冷凍保存可能期間
・アサリの冷蔵保存期間:2~3週間程度

■冷凍アサリの解凍方法
・解凍するときは氷ごと酒蒸しや味噌汁など汁物の具として入れて調理します

STEP4 アサリの選び方

美味しいアサリを食べたいときは、生きているものを買いましょう。
そして保存することを考えずに、食べたいときにその都度買ってくるのが一番良いです。

■美味しいアサリの選び方と注意点
①店頭では、元気よく動いているものがやはり美味しい
②アサリの旬は、春と秋ですのでその時期に買うと良い
③調理の時の加熱時間は、必要最小限に留める
※アサリは、火を通すほど身が縮まり風味が飛んでしまい味も落ちます

スポンサードリンク

快適節約収入生活肉・魚貝類の保存方法>アサリの保存方法

↑ PAGE TOP