こんにゃくを保存する際に注意する点とこんにゃくの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>こんにゃくを長持ちさせる保存方法

こんにゃくは、カロリーの少ない品でありながら、満腹感を達成できるという効果も得る事が可能で長期保存もできるすぐれた食材です。
基本的に湯通ししてから使う食品ですから開封後は早めに湯通ししてから軽く味付け調理しておくと保存期間を伸ばすことができます。
調理方法としましては、細かく刻んだこんにゃくと塩昆布の刻んだ物をフライパンにオリーブオイルやバター等をひいて、人参や生姜の刻んだ物と一緒に炒めてから冷ましてから一晩冷蔵で保存しておくと塩昆布の味が全体にしみこんだ一品にもなり、それをきゃべつやほうれん草と共に炒める等の用途は増えます。

ここでは、こんにゃくの保存方法と特徴等について掲載していますので参考にしてください。 【未開封こんにゃくの保存期間】半年程度
【開封後こんにゃくの保存期間】1~2週間程度
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 こんにゃくの特徴と種類

こんにゃくの特徴と言えば、何と言ってもカロリーがゼロに近く、その為にダイエット食品の王様という事であり、それと同時に消化の良い食品とは言い難いので、便秘改善食の一つとしてその効果は大きいのです。
種類的には、赤トウガラシの入った滋賀県が産地と言われている、真っ赤な品から、漂白のされた真っ白なこんにゃく、無漂白の黒っぽい品、その黒っぽい中に少しのピリッと感を感じるように赤トウガラシをまばらに入れた品等が主流です。
形状は、四角の物、こんにゃく玉をそのままの形状にしたような長丸の物、白滝のように細切りの糸コンと呼ばれる物等、様々な用途に合わせた形状が作られているのです。

STEP2 開封後のこんにゃくの冷蔵保存方法

購入した際にこんにゃくの保存時に一番注意すべき点は、開封しているか未開封かという点です。
一度開封してしまえば早めに食べきらないと悪くなってしまいます。
また、こんにゃく保存のポイントは、こんにゃくの保存には、必ず水につける事を厳守する事です。

■開封後のこんにゃくの冷蔵保存方法
①使用する分だけを切ります
②残ったものはタッパーに水をはり入れます
③冷蔵庫にて冷蔵保存します

■開封後のこんにゃくの冷蔵保存可能期間
・こんにゃくの冷蔵保存期間:1~2週間程度

STEP3 こんにゃくの冷凍保存方法

こんにゃくを冷凍してしまうと中身がスポンジのようになり美味しくありません。
冷凍には、不向きな食品だと心得ておきましょう。

あわせて読みたい関連テーマ

こんにゃくの賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>こんにゃくを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP