おからを保存する際に注意する点とおからの選び方について掲載

快適節約収入生活食品保存方法>おからを長持ちさせる保存方法

おからといえば、豆腐を作る時に豆乳を絞る時にでるしぼりかすで生おからは特に日持ちしない食品です。
また、おからには、生おから、乾燥おから、粉おからなど種類がありますが、用いると便利な料理や保存方法がそれぞれ異なります。
ここではおからの保存方法について詳しく紹介しています。

【生おからの冷蔵保存期間】1~2日程度
【乾燥おからの保存期間】数ヶ月程度
【生おからの冷凍保存期間】1~2ヶ月
スポンサードリンク
スポンサードリンク

STEP1 おからを買う時の選び方

おからを買う時は種類に少し注意したほうが良いでしょう。
生おから、乾燥おから、粉おからなどおおまかに3種類がありますが、用途や保存期間等にそれぞれ差があります。

■新鮮なおからの選び方
①生おからの特徴
・豆本来の旨みを味濃く残しているのが一番の特徴である
・生のおからの一番の特徴は、豆の本来の味を残しているが日持ちには向かないという点です。

②乾燥おからの特徴
・基本的に常温で保存可能で保存期間が長い
・乾燥おからの使い方は基本的に生おからと同じであるが、乾燥おから1:水分4の割合で普通のおからに一旦戻す必要がある
・乾燥おからは、水で戻して生おからと同様に様々な料理に利用できますし、ハンバーグなどのお肉のかさ増しにも便利です。

③粉おからの特徴
・粉おからの使い道はクッキーやパン等に使う場合が多い
・小麦粉やパン粉の代わりに利用すると、ヘルシー料理になります。 
上記のように選ぶ際は、種類ごとに使い道にあったものを選んだ方が良いでしょう。

STEP2 おからの冷蔵保存方法

生おからは、豆腐と同じくらいの保存期間で、長持ちしませんので冷蔵保存して、賞味期限内に食べてしまいましょう。 早めに使いきれずに残る場合には冷凍保存しておいたほうが良いでしょう。

■生おからの正しい保存方法
①買ってきたらすぐに冷蔵庫に入れて冷蔵保存しておきましょう。

■生おからの冷蔵保存可能期間
・生おからの冷蔵保存期間:1~2日

■乾燥おからの正しい保存方法
①一度開封してしますと湿気を吸いやすいので密閉できる容器に入れます
②乾燥剤があれば容器の中に入れます
③常温で保存します
※開封前であればそのまま常温で保存しておけます。
■乾燥おからの冷蔵保存可能期間
・乾燥おからの冷蔵保存期間:数ヶ月程度

STEP3 生おからの冷凍保存方法

新鮮なうちに冷凍保存しておけば数ヶ月は保存可能です、日持ちしにくい生おからを長期間簡単に保存できる方法です。

■生おからの冷凍保存方法
①油を使わず乾煎りします
②フリーザーバック等に小分けして入れます
②冷凍庫にて冷凍保存します。

■冷凍おからの使い方
・食べる時には常温で解凍して様々な料理に使えます

■おからの冷凍保存期間
・冷凍保存期間:1~2ヶ月程度

あわせて読みたい関連テーマ

おからのおから賞味期限

スポンサードリンク

快適節約収入生活食品保存方法>おからを長持ちさせる保存方法

↑ PAGE TOP